台風9号 沖縄は週明け大荒れに

台風9号は急速に発達しながらフィリピンの東海上から沖縄の南海上を北上し、31日(月)から9月1日(火)にかけて非常に強い勢力で沖縄付近を通過する見込みです。

沖縄接近時の台風の中心気圧は925hPa、最大瞬間風速は70m/sが予想されており、沖縄本島地方を中心に樹木や電柱が倒れたり、走行中のトラックが横転するような猛烈な風が吹くおそれがあります。

また、沿岸の海域では30日(日)から次第に波が高くなり、31日(月)から1日(火)にかけて沖縄本島地方や宮古島地方、奄美地方では波高10メートルを超える猛烈なシケに、高潮による浸水にも警戒が必要です。

台風対策は30日(日)中に済ませて、荒天時は崖や沿岸部から離れた頑丈な建物の中で身の安全を確保しましょう。停電に備えて懐中電灯や充電器などのご準備もお忘れなく!!

沖縄付近を通過した後も海面水温の高い東シナ海を北上するため、台風は強い勢力を維持したまま、2日(水)から3日(木)にかけて西日本に接近する見通しです。九州地方を中心に西日本も暴風や大雨、沿岸の海域は大シケとなるおそれがありますので、今のうちにできる対策を行っておきましょう。

(気象予報士:みやっち)





シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。