九州・四国 あすにかけ大雨警戒

梅雨前線は東シナ海から九州・四国付近を通り、東日本太平洋側にかけてのびて停滞し、九州付近の前線の活動が活発となっています。

九州北部に発達した雨雲が次々に流れ込み、福岡県久留米市では観測史上最大となる1時間に92.5ミリの猛烈な雨を観測したほか、佐賀県伊万里市も1時間に87.5ミリの猛烈な雨を観測。佐賀県や長崎県、福岡県、大分県ではこれまでの大雨で土砂災害や河川氾濫、浸水のリスクが高まっているところがあります。建物上階など早めに安全な場所に避難して、身の安全を確保してください。

前線に伴う活発な雨雲はあす28日(日)にかけて徐々に南下する見通しで、あす午前にかけて熊本県や九州南部、四国地方も非常に激しい雨が降って大雨となるおそれがあります。夜間の暗い時間帯に周辺の状況が悪化するおそれがあります。お住いの地域に災害リスクがある場合は今後の気象情報に留意し、早めに大雨に備えてください。

最新の雨雲の動きは雨レーダーでご確認ください。




シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。