各地でまとまった雨に 大雨災害に注意

南海上に停滞している前線に向かって熱帯起源の暖湿な空気が流れ込み、前線の活動が活発となっています。沖縄や九州地方には発達した雨雲が断続的にかかり、鹿児島県では土砂災害の危険度が高まっているところがあります。

19日(火)09時の予想天気図

最新の雨雲の動きは雨レーダーでご確認ください。

前線上に発生する低気圧があす19日(火)にかけて本州南岸を進むため、四国〜関東地方の太平洋側、伊豆諸島も局地的に非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。
東北地方の太平洋側も今夜からあすにかけて雨が降り続き、さらに上空に寒気を伴った別の低気圧が日本海から接近するため、東北地方は20日(水)にかけて雨量が増えるおそれがあります。

崖の近くや増水した河川、側溝などには近づかず、道路が冠水した場合は車の運転は控えましょう。




シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。