東京多摩に大雪警報 満開のサクラに大雪

きのうは関東はいったん天気が回復し、東京都心では24.6℃まで気温が上がり半袖の陽気となりましたが、きょうは一転「南岸低気圧」が冷たい空気を引きずり込み、関東甲信地方は山沿いを中心に大雪となり、平野部でも積雪となっています。

意外にも首都圏では満開のサクラに雪が積もることは時々あるのですが(2年前の2018年3月21日など)、1日で気温が20℃ダウンとジェットコースター並みの気温低下となりますので、服装の調節を間違えないようにしましょう。

11時過ぎの横浜市内

多摩、秩父など関東西部や甲信方面は、この時期としては異例の積雪となっており、ノーマルタイヤでの走行は危険な状況となっています。この週末は関東各地で不要不急の外出自粛が呼びかけられていますが、外出を予定されている方は最新の気象情報・交通情報を確認するようにしてください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。