台風一過で、厳しい残暑がぶり返す

北日本に大きな被害をもたらした台風10号は、昨夜半、日本海で温帯低気圧に変わりましたが、その後も強い低気圧として、大陸北部に向かっています。午後は北日本でも雨が止んで、台風一過でほぼ全国的に晴れる所が多いでしょう。ただ、記録的な雨が降った北日本では引き続き大雨(土砂災害)・洪水警報が出ている所があります。十分警戒して下さい。西日本はいずれも高潮警報です。沿岸部は高潮に警戒して下さい。31日9時の天気図

9時の天気図

31日午後の天気予報31日午後の天気予報

31日12時現在警報
12時現在、警報が発表されている地方
(赤色の地域)

日中は気温が上がり、30度を超えて、北日本でも真夏日になる所が多く、厳しい残暑がぶり返す見込です。このところ西日本でもしのぎ易い陽気でしたので、急に暑くなり熱中症にかかりやすいので十分注意して下さい。

31日11時予想最高気温31日の予想最高気温

沿岸部では、全国的に南西の風の強い所が多く、海はまだ、波やウネリが高いので、海のレジャーなどお出かけの方は十分注意して下さい。

31日15時予想波高分布31日15時の予想波高分布

(2016年8月31日 12時30分更新)


清水社長_夏
トミーです。今日8月31日は、立春から数えて、210日目の、「二百十日」(雑節)になります。昔から「二百二十日」と共に、「台風の襲来に注意する頃」とされています。この頃イネの果時期に当たり、農作物に被害を受けることが多いため、特に農業関係では厄日とされています。今年は台風1号の発生が7月で、過去2番目に遅い発生でしたが、すでに4個の台風が上陸し、既に平年の上陸数2.7個を上回っています。台風の上陸は西日本が圧倒的に多いですが、今年はいずれも関東から北の地方に上陸し、台風7号は今年最初に上陸した台風ですが、統計を取り始めた1951年(昭和26年)以来、最初に北海道に上陸たのは初めてで、続いて2番目に台風11号が北海道に上陸したのも初めてです。台風9号は11年振りに関東に上陸し、昨日、岩手県に上陸した台風10号も東北の太平洋沿岸の上陸は初めてで、異例ずくめです。9月は過去に甚大な災害をもたらした台風が襲来しています。台風シーズンはまだ続きます。

過去の台風上陸地域

 

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。