台風17号発生!! 3連休は全国的に荒れた天気に

来週の月曜日(9/23)は秋分の日で20日(金)~26日(木)までの1週間は秋のお彼岸となります。お墓参りを予定されている方も多いと思いますが、この週末から連休明けにかけては沖縄~北海道の広い範囲で荒れた天気に警戒が必要です。

沖縄の南海上で台風17号が発生し、21日(土)に沖縄・奄美地方に最接近する見込みです。沖縄・奄美地方はあす20日(金)から雨風が強まり、海上は大シケに。21日(土)をピークに大荒れの天気となるでしょう。雨雲の動きは雨レーダーでご確認ください。

21日(土)09時の予想天気図

↑台風接近 秋雨前線が本州付近に北上

西~東日本や東北地方も秋雨前線に伴う雨雲が広がり、西日本はあす20日(金)から雨が降りはじめ、21日(土)は広い範囲でまとまった雨になりそうです。さらに22日(日)は台風が接近する九州地方を中心に大雨や暴風に警戒が必要です。早めの備えをお願いします。

24日(火)09時の予想天気図

↑北日本で低気圧が急発達し 荒天のおそれ

また、台風は温帯低気圧に性質を変えながら22日(日)~24日(火)にかけて日本海から北海道付近へ進む見通しで、台風から変わった後も温帯低気圧として再発達する可能性があります。

そのため、東日本や北日本も強い風または暴風が吹き荒れるおそれがあり、交通機関が乱れる可能性があります。北日本は一時的に西高東低の冬型気圧配置となり、北海道の日本海側を中心に雨風が強まり、標高の高いところでは吹雪になるおそれがあります。

連休でお出かけを予定されている方も多いと思いますが、最新の気象情報を確認し、無理のない行動をとりましょう。





シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。