天気急変に注意

きょう5日(水)は北〜東日本の上空5500m付近に氷点下12℃以下の寒気が流れ込み、気圧の谷が通過する北海道は朝から断続的に雨。昼前からは東北や北陸、関東甲信地方を中心に広い範囲で大気の状態が不安定となり、激しい雷雨や雹(ひょう)、突風が発生するおそれがあります。

天気急変のサイン(ゴロゴロ雷の音がしたり、冷たい風が吹き始めたり、空が急に暗くなるなど)に気づいたら早めに頑丈な建物の中に移動してください。短時間の大雨で道路やアンダーパスが冠水する可能性もありますので車を運転される際も十分注意してください。

雷・雨レーダーを確認




シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。