首都圏も雨風強まる

本州付近に張り出していた東海上の高気圧が次第に離れ、寒冷前線が本州付近を東進しています。

21日あさ9時の予想天気図

前線に向かって南から暖かく非常に湿った空気が流れ込み、昨夜からきょう未明にかけて四国や紀伊半島で雨雲が発達し、高知県東洋町で1時間に90ミリの猛烈な雨を観測。きょうは活発な雨雲が東海や関東甲信、北日本の太平洋側に移り、静岡県を中心に大雨となっています。

雨の強まる時間帯

また、東・北日本の太平洋沿岸部では次第に南風が強まり、海上は4~6メートルのシケまたは大シケとなる見込みです。
首都圏はきょう昼過ぎにかけて雨風のピークを迎えるとみられます。交通機関が乱れる可能性がありますので、最新の気象情報や交通情報の確認をお願いします。ベランダなどに風で飛ばされやすいものがあれば、固定するか屋内に入れておきましょう。

21日(火)13時の雨風分布予想

土砂崩れや川の増水に警戒し、特に崖の近くや川の近くにお住まいの方は周りの状況をよく確認し、出来るだけ安全なところでお過ごしください。

土砂災害の前兆現象




シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。