連休初日は西日本で大荒れ

今週末もまた台風に見舞われる日本列島。高気圧の勢力が強いため、先週の24号よりは西より北側のコースを辿る見込みですが、日本列島の広い範囲が台風の進行方向右側の危険半円に入るため、全国的(特に西日本や日本海側を中心)に南風が強まり、特に九州北部、北海道では暴風による大きな影響が懸念されます。週末や連休と重なりますので、海や山のレジャーや交通機関の乱れには十分ご注意下さい。

沖縄では長時間続いた激しい雨や風のピークは越えつつありますが、あす6日は九州北部や西日本各地(大阪湾など)でも風が非常にに強まり、海や空の交通機関に影響する可能性があります。その後スピードアップして北日本に近づくでしょう。北海道や東北北部では7日日中は急激に雨や風が強まり、今シーズンとしては最も大きい影響が懸念されますので、農作物の管理等は早めの対策が必要です。

各地の警戒ピーク時間帯の目安
先島
沖縄
~昼過ぎ 大雨と暴風
奄美 ~きょう夕方 暴風・激しい雨
九州北部
あす午前
台風南東側の暴風
近畿
山陽
あす午後~夜
台風南側の暴風
東北北部
北海道
あさって7日
台風本体の大雨・暴風

◆台風25号のポイント
あすは九州北部で暴風の影響懸念
連休初日 西日本中心に大荒れの天気
7日は北日本に接近直撃 大雨や暴風に警戒

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。