胆振東部 夕方とあす未明に強雨のおそれ

北海道には西から低気圧や前線が近づくため天気は下り坂で、道央や道南では昼過ぎから雨が降りやすくなるでしょう。
南風も強まるため、やや荒れ模様の天気となりそうです。
(停電の復旧時に通電火災の可能性がありますので、電源プラグは抜いておきましょう。)

特に大規模な土砂崩れが起きた胆振地方(厚真町など)では、今夜18〜21時にかけてとあす未明から早朝にかけては強い雨となるおそれがあります。
今後の余震の揺れやわずかな雨でも、さらなる土砂崩れを誘発し被害を拡大するおそれがありますので、十分警戒して下さい。

◆道央・道南地域の天気ポイント
昼過ぎからあす朝にかけて雨
土砂災害など二次災害にご注意
風が強まり日中は夏日に

あす未明の雨に警戒

今夜は道央、道南で強い雨も

土砂災害の前兆現象

避難に必要な7つのこと

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。