西日本各地で記録的短時間大雨 避難指示も

きょうも西日本は気温がぐんぐん上昇し、大気の状態が非常に不安定となっています。西日本の各地で雷雲が湧き、局地的に1時間に100ミリを超える猛烈な雨が降り、大分県、広島県、愛媛県、山口県、長野県に記録的短時間大雨情報が発表されました。

先日の九州豪雨に見舞われた大分県日田市や福岡県朝倉市では、避難指示が発表されているところもあります。自治体の発表する避難情報に注意するとともに周囲の状況をよく確認し、ただちに安全なところに移動し、身の安全を確保して下さい。今夜にかけて落雷や突風、短時間大雨による道路の冠水、急な河川の増水、土砂災害への警戒をお願いします。

記録的短時間大雨情報(※)
【大分県】
・日田市日田付近  約120ミリ [15時20分]
【広島県】
・広島市佐伯区付近 約110ミリ [15時30分]
・廿日市市吉和付近 約110ミリ [15時30分]
【愛媛県】
・大洲市付近    約100ミリ [16時20分]
・内子町付近    約100ミリ [16時30分]
・内子町獅子越峠  101ミリ  [16時30分]
【山口県】
・下関市下関付近  約100ミリ [17時20分]
・下関市菊川付近  約100ミリ [17時30分]
【長野県】
・伊那市中央部付近 約100ミリ [21時20分]

※数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を観測または解析したときに発表。





■台風5号
台風5号は非常に強い勢力まで発達。きょう進路を西寄りに変えて、あす以降は北寄りへ進路変更する見込みで、小笠原諸島は週の後半にかけて暴風や高波に警戒が必要です。週末には本州に接近するおそれがあり、太平洋沿岸は高波に注意が必要。台風への早めの備えをお願いします。

台風5号の予想進路図

【関連トピック】





miyahara_winter

みやっちです。今週から8月突入ですね。8月1日は「水の日」、8月7日までの1週間は「水の週間」と定められています。水の恵みや健全な水循環の重要性について広く関心を深めてもらうことを目的としています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。