関東でようやく梅雨入り

そもそも梅雨とは?

同じ性質をもった空気の集まりを「気団」といいますが、この気団の境目は「前線」と呼ばれ、空気がぶつかり合って雨雲が発生しやすいエリアとなります。日本の南海上にある夏の太平洋高気圧(小笠原気団)と、湿った冷たい空気のオホーツク海気団のぶつかり合いによって日本付近に前線が発生し、その状態が一進一退のせめぎ合いを繰り返して長続きするのが梅雨という季節現象です。

なぜ梅雨が起こるの?

日本の梅雨の原因は、実はユーラシア大陸の地形と大きく関係しています。北半球には西から東に流れる二本のジェット気流があります。梅雨前線はその南側のジェット気流、亜熱帯ジェット気流と関係しています。
日本の西にはユーラシア大陸があり、そこには標高が4~5,000mのチベット高原が広がり、その南には8,000m級のヒマラヤ山脈があります。亜熱帯ジェット気流の軸は1万メートルぐらいの高さにありますが、チベット高原やヒマラヤ山脈の影響を受け、なかなか越えることができません。
二本目の北側にあるジェット気流は蛇行しながら日本付近で合流していて、これが梅雨のもう片方の主役であるオホーツク海高気圧を作ります。南回りのジェット気流の南にある太平洋高気圧オホーツク海高気圧がぶつかり、その間に梅雨前線ができるという仕組みです。

さらに地上付近では、中国大陸から乾燥した気温の低い気流が梅雨前線に向かって流れ込み、太平洋高気圧の西の端から暖かく湿った気流が梅雨前線に向かって流れ込みます。このため、両方の気流がぶつかる地域では、対流活動が盛んになって短時間の強い雨を降らせ、大雨になる場合があります。
季節が進み、南ルートのジェット気流がヒマラヤ山脈やチベット高原を越えて一気に北上し、分かれていたジェット気流が一つになると梅雨明けです。しかも亜熱帯ジェット気流は北海道の北に北上してしまうため、北海道には梅雨がないと言われる所以です。
つまり、ヒマラヤ山脈やチベット高原を削ってなくしてしまうと、現在のような梅雨という現象はなくなるかもしれません。

梅雨入りは西日本で早め、6月後半から東日本も

今期は太平洋高気圧の北への張り出しにより梅雨前線はいったん早めに北上し、5月5日の沖縄地方、奄美地方を皮切りに、5月16日までに九州から東海地方までは記録的に早い梅雨入りとなっていましたが、その後は再び前線が再び南下して本州付近は梅雨の中休み状態となっていました。
前線は西日本で北上するも東日本にはあまりかからずでしたが、寒気の影響で天気がぐずついた関東もようやく6月14日に梅雨入りさせました。

対流活動の活発な地域や高気圧の勢力位置が変わるなど日本の天候に大きな影響を及ぼす「ラニーニャ現象(エルニーニョ現象の逆)」が昨夏から続いていましたが、今後梅雨期から夏期にかけては解消に向かう見通しとなっており、気圧配置は正常な状態となるため極端な天候となる傾向はありません。

6月後半から7月前半は周期的に低気圧が通過するとともに日本の南岸沿いに停滞する前線が活発となり、東~西日本の太平洋側を中心に雨の日が多く、降水量も多めになる予想です。
7月後半になると南海上の高気圧の勢力が次第に強まり、関東から西の各地は晴れて暑くなる日が多くなる一方で、東北地方や北陸地方も降水量が増えてくる予想となっています。気圧配置によっては大雨の可能性もあるのでご注意ください。

今シーズンの梅雨入り予想
地域 2021予想 平年 期間降水量
沖縄 5月5日 5月10日頃 平年並み
奄美 5月5日 5月12日頃 多い
九州南部 5月11日 5月30日頃 多い
九州北部 5月15日 6月4日頃 やや少ない
四国 5月15日 6月5日頃 やや少ない
中国 5月15日 6月6日頃 平年並み
近畿 5月16日 6月6日頃 平年並み
東海 5月16日 6月6日頃 平年並み
関東甲信 6月14日 6月7日頃 平年並み
北陸 遅い 6月11日頃 平年並み
東北南部 遅い 6月12日頃 平年並み
東北北部 遅い 6月15日頃 平年並み

 

今シーズンの梅雨明け予想
地域 2021予想 平年 期間降水量
沖縄 遅い 6月21日頃 平年並み
奄美 やや遅い 6月29日頃 多い
九州南部 平年並み 7月15日頃 多い
九州北部 平年並み 7月19日頃 やや少ない
四国 平年並み 7月17日頃 やや少ない
中国 やや早い 7月19日頃 平年並み
近畿 やや早い 7月19日頃 平年並み
東海 やや早い 7月19日頃 平年並み
関東甲信 やや早い 7月19日頃 平年並み
北陸 平年並み 7月23日頃 平年並み
東北南部 平年並み 7月24日頃 平年並み
東北北部 平年並み 7月28日頃 平年並み

梅雨入りと梅雨明けは誰が決めるの?

梅雨は、春から夏に移行する過程で、その前後の時期と比べて雨が多くなり、日照が少なくなる季節現象で、梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。
梅雨入りと梅雨明けは気象庁(各地方・管区気象台)が発表しますが、明確な判断基準があるわけではありません。週間天気予報で曇りや雨がある程度続く場合や、前線の位置や太平洋高気圧の張り出し具合などの1週間先までの見通しをもとに、様々な要素を複合的に判断します。
現在は「○○日頃、梅雨入り(梅雨明け)したとみられる」という速報が発表され、梅雨の季節が過ぎてから実際の天候経過を考慮して日にちを確定させます。
なお、梅雨明けには「前線北上型」「前線消滅型」がありますが、天気傾向の変化が明瞭でなく梅雨明けを特定できない年もあります。

梅雨末期の大雨災害に警戒

中長期予報によると5 月後半~6 月はじめにかけては低気圧の接近とともに梅雨前線の活動が活発化して、各地とも平年よりやや早いタイミングで梅雨入りとなる見通しです。
いったん梅雨前線の活動が落ち着いて、いわゆる中休みとなる期間もありますが、7 月に入ると太平洋高気圧の勢力下で晴れる日もある一方で、湿った空気の流入(「湿舌」といったりもします)が本格化してくることで、日本海側でも雨量が多くなります。雨雲が発達し西日本を中心に激しい雨が降り、大雨による災害も起こりやすくなります。

梅雨期間のはじめ~前半に多く見られる「広範囲のしとしと雨」を陰性の梅雨といいますが、一般的には梅雨の終盤に近付くと「局地性の激しい雨」を伴う陽性型の雨の降り方となります。3年前の西日本豪雨災害、昨年の九州北部豪雨などはいずれも7月上旬に発生していますが、今年は時期がやや前倒しで災害が起こりやすくなることが懸念されます。湿った空気と寒気がぶつかりやすい九州や山陰、北陸地方などを中心に、毎年のように人命に関わる重大な災害が起きていますので注意が必要です。

(がんちゃん)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。