寒さが苦手なあなたへ、3ヶ月予報で今年の冬に備えよう!

東京でもキンモクセイの香りが漂い、秋を感じられる日が多くなってきました。今年の秋は短いという噂もあるけれど、実際のところどうなの?今回、ライフレンジャーでは10~12月までの最新3ヶ月予報を解説します!


■10~12月 平均気温の傾向

%e5%b9%b3%e5%9d%87%e6%b0%97%e6%b8%a9_3m_201610_12

平年並みか高い予想のエリア
北日本、東日本

北日本では寒気の影響を受けにくく、向こう3ヶ月の気温は平年より高いでしょう。
東日本では10月は暖かい空気に覆われるものの、11月、12月の気温は平年並みになる予想。11月下旬にもなると、都心でも朝の最低気温は5℃を下回り、街中でも雪が降り始めるところも…寒さが苦手な方は、コートやマフラーなどの冬物の準備は早めに行っておいた方がよさそうです。

ほぼ平年並みの予想のエリア
西日本、沖縄・奄美

10月は暖かい空気に覆われやすいでしょう。一方で、12月はシベリア大陸からの寒気の影響を受けやすく、厳しい寒さとなる予想。例年よりも早い時期から本格的な寒さ対策が必要になり、厚手のコートなどが活躍する日が増える可能性も…。


■10~12月 降水量の傾向

%e9%99%8d%e6%b0%b4%e9%87%8f_3m_201610_12

平年並みか多い予想のエリア
北日本

低気圧や前線の影響で、北日本のこの先3ヶ月の降水量は平年並みか多くなりそうです。札幌などの市街地でも11月上旬には雪が積もり始めるため、雪対策は10月のうちに行っておくなど、早めの対策を心がけましょう。

ほぼ平年並みのエリア
東~西日本、沖縄・奄美

10月、11月の降水量はほぼ平年並みのところが多いでしょう。一方で、12月は西日本の日本海側エリアで、平年よりも降水量が多くなる予想。紅葉を楽しんでいたかと思えば、一気に冬らしくなり「もっと早く雪対策をしておけばよかった~…」なんて後悔することがあるかも…?!雪対策は早めに行っておくと安心です。

(2016/09/28 21:30更新)


toduka_summer

冬が苦手という方も多いのではないでしょうか。冬物の準備は早めに行い、寒さに備えましょう!備えあれば憂いなし、ですね。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

「プリンセス」という称号がマッチする麗しいヴィジュアルと、好きなことはとことん突き詰めてモノにする芯の強さを併せもつ。絵を描くことが好きで腱鞘炎になっても描き続けた経緯あり。中学生の頃、雲に魅せられ空を眺め続けて1時間。毎朝4時起きで猛勉強し気象予報士試験に合格。