北海道で真夏並み 雪解け注意

きょう17日(水)は北海道に向かって暖かな空気が流れ込み、日射しの届いた道内のほとんどの地点で今季一番の暖かさとなり、真夏並みの暑さとなったところもありました。

西風の山越え気流でフェーン現象が加わった道東を中心に気温が上がり、鶴居村で全国トップの27.1℃を観測(4月の観測史上最高)したほか、釧路市中徹別(ナカテシベツ)で26.5℃、女満別空港で25.7℃を観測するなど道内19地点で今季初の夏日となりました。

北海道はあす18日(木)も晴れて季節外れの暖かさになる見込みです。急速な雪解けによる雪崩や落雪、河川の増水や低地の浸水などに注意してください。

雪解けに注意

あさって19日(金)は低気圧や前線が通過する影響で北日本は天気が崩れる見込みで、前線通過後は北日本の上空に寒気が流れ込むため、週末はこの時期らしい気温に戻ります。寒暖差が大きくなりますので体調管理にもご注意ください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。