東西 夏の陣取り合戦

今日は二十四節気の「大暑
1年で最も暑さが厳しい時期に差し掛かります。

西日本は夏の太平洋高気圧が主役の座についており、梅雨明け以降は夏空が続いています。今週末も暑さが厳しく、所により猛暑日となりそうですので、熱中症にはご注意ください。(所により夕立ちの強雨にも気を付けてください)

一方、東日本は冷たい空気を持ったオホーツク海高気圧の支配下にはいってしまい、涼しい陽気が続きます。天然のクーラーはよいのですが、山にせき止められて雲が出来るので、天気もぐずつき気味です。関東でしぶとく降っているシトシト雨は今夜までに止んできますが、平年よりかなり気温が低くなる所がありますので、農作物の管理等には十分ご注意ください。

この構図はいつまで続くのかと言いますと、オホーツク海高気圧の居座りは来週中旬にかけて続き、その後次第に解消に向かう予報で、関東や東北地方の梅雨明けはもう暫くおあずけとなりそうですね。

勢力争い図

勢力争い図

(2016年7月22日 00:00更新)


iwamoto_winter

がんちゃんです。

東日本は思わぬところで梅雨明けが足踏みになってしまいましたね。夏空保障で山登りに行く予定が立たずに困っております。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。