大雪に対する国土交通省緊急発表

14日(土)から15日(日)にかけて、北~西日本の日本海側を中心に大雪や猛ふぶきになり、西日本から東日本の太平洋側の平野部でも局地的に大雪になるおそれがあるとして、国土交通省は大雪に対する緊急発表を行いました。

路面の悪化、視界不良など事故の発生しやすい状況となり、路上で立ち往生するおそれがあります。不要不急の外出は控え、やむを得ず運転する場合には、スタッドレスタイヤやチェーン等を早めに装着してください。

大雪や暴風雪に警戒が必要な時間帯

20170113_大雪ふぶき警戒期間
14日18時までの24時間に予想される降雪量(多いところ)
北陸    … 100センチ
関東甲信  … 70センチ
東海、近畿、中国 … 60センチ
東北    … 50センチ
北海道   … 40センチ
15日18時までの24時間に予想される降雪量(多いところ)
北陸    …  80~100センチ
東北、関東甲信 … 60~80センチ
東海    … 50~70センチ
近畿、中国 … 40~60センチ
北海道   … 30~50センチ

14日(土)18時の予想天気図

20170112_14日18時天気図等圧線が何本もあり間隔が狭い=風が強まる

(2017年1月14日00:00更新)


miyahara_winter

みやっちです。大雪や猛ふぶきによる視界不良が原因で北日本で多重事故が発生しました。不要不急の外出はできるだけ控えるようにしてください。また、週末のセンター試験を受験される方は時間に余裕を持って行動し、心を落ち着かせるようにしましょう。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。