「自分は平気」じゃなく靴の準備を

これは2015年3月にライフレンジャーが20~60代、男女700人に向けた防災に関する意識調査を行った結果です。

04

地震や津波などの災害を怖いと感じている人が多い中、日ごろから自分ごととして災害を意識している人が少ないことがわかります。

 

今回の「平成28年熊本地震」では家屋倒壊などで被災地されている方が多く、今後の余震にも十分な注意が必要です。

今回大きな揺れのあった九州地方だけでなく、日本全国どこでも大地震は発生する可能性があるため、ライフレンジャーから知っておいてほしい情報を紹介します。


・震災で役立ったものは、【靴】と【ラジオ】と【アルミシート】と‥

今年3月に特集した3.11の被災者との座談会では、震災時に本当に役に立ったものは何か、現地の生の声を聞くことができました。私たちは今何を準備しておく必要があるのでしょうか。

【3.11特集】もし明日、また・・・(PCサイトへ移動します)

実際にあの地震と津波を体験した人から聞かないと分からなかった、超リアルで役立つ情報を、分かりやすく座談会形式でお届け‥続きはこちら

 

役立つ関連情報


・重要!!災害対策伝言板について
携帯会社各社の災害対策伝言板

災害対策伝言板は登録にはアプリダウンロードが必要です。
伝言の確認は下記URLにて確認出来ます。
※どの携帯会社のURLからでも確認できます。(外部サイトへ移動します)

docomo
http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi

au
http://dengon.ezweb.ne.jp/

softbank
http://dengon.softbank.ne.jp/J
■Google パーソインファインダー
https://www.google.org/personfinder/japan


・実践していますか、10の防災アクション

東京都総務局総合防災部管理課監修の【東京防災】では防災に必要な10のアクションを紹介しています。(外部サイトへ移動します)

http://www.bousai.metro.tokyo.jp/book/book/action.html

 

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

編集部随一の知恵袋。意外なものからどんぴしゃなものまで幅広く対応が可能。旬の食材に敏感で料理のセンスもかなり高め。カメラ、散歩、芝生で昼寝など「日向の人」というイメージだが、海や湖といった巨大な水溜りにテンションをあげるという一面も。大事な予定を立てるときの本気予報的中率はほぼ100%。頼れるお天気お兄さんである。