2017年は「星に願いをかける」からスタート!? しぶんぎ座流星群

流星群

2017年最初の天体ショー・しぶんぎ座流星群。月齢も夜半には沈むかなりの好条件で見られることが期待されています。
流星群が極大となる3日深夜~4日未明にかけては、北陸や東北の日本海側でシグレ気味の天気で観測が難しくなりそうなほかは、太平洋側の各地を中心に冬晴れとなるため、ばっちり観測できそうです。
なお、あす2日深夜~3日未明は東北地方を低気圧や前線が通過するため、東~西日本の日本海側を中心にさらに分厚い雲に覆われる見込みです。

なお、高気圧に覆われて晴れる分だけ、朝晩は放射冷却で冷え込みますので、万全の防寒装備でお出かけください。

見えるかなMAP (3日深夜~4日未明)

見えるかなMAP (3日深夜~4日未明)


ところで「しぶんぎ」とはなんのことでしょう?
しぶんぎとは「四分儀」と書きます。象限儀とも呼ばれる計測器の一種で、扇型をしており、天体観測に用いられたそう。この形を見ると「四分」というのもうなずけますね。

しぶんぎ座

しぶんぎ座流星群は三大流星群の一つでもあり、お正月に極大を迎えることから「天から新年のプレゼント」として楽しみにしている方も多いと思います。一年の始まり、流れ星に願いを込めて!

【おススメの時間帯】
1月4日 深夜0時頃~
1月3日 深夜0時頃~


■見上げる方向
流星群の出現位置は特にどの方向、ということはありません。暗くて見通しの良い場所がベストですが、なるべく明かりが少ない場所、もしくは明かりを背にして空を見上げましょう。

流星群
kiyoshima_winter

こんにちは。キヨです。お正月いかがお過ごしでしょうか?1年の始まりに流れ星が見れたら「願い」をかけなくても、何かいいことが起こりそうな予感がしそうです。皆さんも夜空を見上げて「天から新年のプレゼント」受け取りませんか?

(2017/1/1 00:00更新)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

写真撮影の腕は、某ネイチャー系媒体で受賞するほど。「まだ見たことのないナニカ」と出会うことに喜びを感じ、行動範囲は世界規模。海にも山にも精通し、生物観察を至上の幸福とする。通勤時間が人より長めだが、脳内整理の時間に充てている。予報士の資格を幅広く世の役に立てたいと願う理系女子。