今週後半 西回り寒気で寒さ再び

大雪の札幌市内

大雪の札幌市内

この土日は強い寒気に覆われて、積雪が65cmに達し29年ぶりの大雪となった札幌では交通機関に大きな影響となり、市電の運休やイベントの中止、新千歳空港では連日欠航便や遅延が相次ぎ、空港内で約1,500人が一夜を過ごす事態になりました。
また土曜日は富山、金沢から、日曜日は彦根からも初雪の便りが届き、近畿地方まで初雪前線が南下しつつあります。

けさは放射冷却の影響で各地で冷え込みが強まりましたが、今日日中からあすにかけてはいったん冬型が緩み寒気は退散(北上)します。
これと同時にあす~あさって水曜日朝にかけては東~西日本の太平洋側を含めて雨となりますが、この雨の後にまた強い寒気が流れ込んで木~金曜日は今回と同じくらいの寒さに逆戻りとなるでしょう。北日本のみならず西日本の平野部も降雪や路面凍結の可能性がありますので、まだ雪用タイヤでない方は十分にご注意ください。

次の寒気の底は木曜日

次の寒気の底は木曜日

(2016年12月12日 00:00更新)


iwamoto_winter

がんちゃんです。

この週末は強い寒気が流れこみ、先月初めと同様、札幌市内は季節外れのドカ雪となってしまいました。年の瀬が近づき何かと慌ただしい時期に入りますが、気温が乱高下するなか空気は乾燥し、インフルエンザやノロウィルスも流行していますので、体調管理には十分にお気を付けください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。