台風去って猛暑炸裂!熱中症予防を徹底しましょう

ダブルで日本を襲い、各地にその爪痕を残した台風は日本から遠ざかりましたが、とても迷惑な「猛暑」を置いていきました。台風通過後によくみられる「フェーン現象」などにより、気温がかなり高くなる地域もありますので、熱中症にはくれぐれも警戒してください。クーラーなどの効いている屋内と屋外の危険な暑さとの差も大きく、コロナ禍で室内にいる時間が長くなっている分、その差に身体が慣れておらず、更に注意が必要と言えます。今一度、熱中症について意識し、十分な対策を!

■暑さ指数には「3つの要素」がある

暑さ指数(WBGT)(湿球黒球温度)は、人間の身体の熱バランスに大きく影響する湿度、輻射熱(ふくしゃねつ)、気温の3つを取り入れた指標のこと。輻射熱とは、地面や建物、身体から出る熱のことで、温度が高い物ほど多く出ます。このうち、一番大きな影響を与えるのは「湿度」(7割)、次に輻射・日射など周辺の熱環境(2割)、そして気温(1割)となっています。
気温が一番ではないのは「発汗」が関係しているからです。人間の身体は汗をかくことで体温調節をしており、汗がうまくかけない状態=湿度が高くなると汗が蒸発しづらくなる→体温調整の機能が低下する=熱中症になりやすくなります。

■どうすればいい?

暑さ指数が28℃を超えると、何をしていても熱中症にかかるリスクが高くなります。熱中症警戒アラートの発令時、もしくは暑さ指数が28℃を超えるときの外出・運動は中止しましょう。
やむを得ない事情でどうしても外出しなければならない場合は、以下のような点に留意してください。

・帽子や日傘を利用し、直射日光を浴びない
・無理をせず、木陰などを見つけて休憩する
・こまめに水分と塩分(経口補水液など)を補給する
・濡れたハンカチ・手拭いなどを持ち歩く
・涼しい服装(通気性のよい素材など)を選ぶ

濡れたハンカチやタオルを充てると「気化熱」で温度を下げる効果があります。気化熱とは、水などの液体が蒸発(気化)する際に周囲の熱を奪う仕組みのことです。小さめのドライアイスを手ぬぐいで巻いて首の後ろにあてる、濡れたタオルなどを身体にあてるなど、できる限り工夫をしてください。
また、睡眠不足や栄養不足も熱中症のリスクを高めます。日頃からしっかりと休養・栄養をとるよう心がけてください。

■応急手当について

熱中症は生命の危険をともないます。少しでも熱中症が疑われた場合は、すぐに応急手当をします。
・衣服を緩める
・風通りの良い日陰や冷房の効いた場所へ移動
・汗をかいていない場合は、濡れたタオルなどで皮膚を濡らして扇風機などで風をあてる
・近くに太い血管が通っている場所:脇の下や首・脚のつけ根に冷たいもの(保冷剤など)をあてて冷やす→具体的な冷やす場所はこちら熱中症に気をつけて!~カラダを冷やす場所を知っておこう~

マスク着用で熱が身体から逃げていきにくい、喉の渇きに気づきにくいなど、熱中症のリスクが高まる要素も多々あります。外を出歩く機会も減って、汗をかきにくくなっていることも考えられますので、今まで以上に熱中症には充分警戒してください。

(応急手当普及員・R)

シェア!