コロナ禍の夏。マスク着用と熱中症について

昨年に続いて今年も「コロナ禍」の夏になりました。東京では「緊急事態宣言」も継続されており、新規感染者の発表数値も多く、油断できない状況が続いています。感染拡大を防ぐための「新しい生活様式」だった「マスクの常時着用」もまだ必要不可欠で、今年も厳しい夏になりそうです。
熱中症にならないための、マスク着用時の注意点をまとめます。

■コロナ禍の基本事項

まずは感染予防対策の基本である
①身体的距離の確保 ②マスクの着用 ③手洗い
を徹底し「密(密集・密接・密閉)」を避けること。以前は「3密」を避けるよう言われていましたが、感染力の強い進化型のウイルスも台頭しており「密」はひとつでも感染のリスクがあります。

■マスク着用には注意が必要です!

気温の低い季節はマスクの着用も「保温・保湿」として歓迎されましたが、高温・高湿度の季節は「暑い」「蒸れる」という体感のほかに「熱が逃げにくくなる」などの影響が懸念されています。
身体的距離の確保(ソーシャルディスタンス)や手洗いについては、これまで通りしっかり気をつけるのはもちろんですが、気温が高い時期の「マスクの着用」については注意が必要です。

広い範囲で猛暑になると予想されており、既に30度を超える地域もあることなどから、今夏も熱中症のリスクがかなり高いと言えます。マスクを着用していると体感温度が上昇するなど、着用していないときと比べて身体への負担が大きくなる場合がありますので注意してください。

▼具体的に注意すべきポイント

*野外で、ソーシャルディスタンスが十分に保てる場合(少なくとも2m以上)はマスクをはずしましょう
*マスクを着用して強い負荷のかかる作業や運動は避けましょう
*マスク着用時は喉の渇きに気付きにくくなりがちです。喉が渇いていなくても水分補給を心がけましょう
*ソーシャルディスタンスを確保し、マスクを外して休憩することも必要
*暑い日や気温の高い時間帯にはできる限り外出を控えましょう
*風通しのよい服装・素材などを身につけるように工夫しましょう

■ エアコン使用時には換気も必須!

もう一つ、感染防止対策と熱中症で気になるキーワードは「エアコンと換気」です。エアコンの活用は熱中症対策にはとても有効ですが、涼しい温度を保つために部屋が密閉状態になってしまいます。ここで心配なのは、一般的な家庭用エアコンには換気の機能がないこと。感染防止のためには、エアコンをつけている時でも換気を行う必要がありますので、窓を開ける・換気扇を使ってしっかり換気をしつつ、エアコンの設定温度を下げて室内温度の調整をしてください。

■ 少しでも異変を感じたら涼しい場所に避難!

外出中、暑さに耐えられずコンビニエンスストアやカフェなど、店舗に逃げ込んだ経験のある人も多いと思いますが、ソーシャルディスタンスを保つために入店人数の制限をされている場合も考えられます。
暑さが気になったら、少しでも「なんか苦しいな」「おかしいかも?」と感じたら、すぐさま日陰を見つけ、風通しのよい場所に移動してください。熱中症が進行すると正しい判断ができなくなります。あとちょっと移動すれば…などと我慢するのではなく、すぐに難を逃れるようにしてください。

■ 日頃の健康管理も重要です!

長引くコロナ禍で運動不足で汗をかきにくい状況が続いたり、大きなストレスを感じている人が多いと思います。生活環境が変わったことで不調を感じている方も少なくないことでしょう。
バランスの良い食事、十分な睡眠をとることを心がけ、ご自身のリラックス法なども見つけて体調管理にはくれぐれも気をつけてください。
また、毎日の体温測定でご自身の平熱がどれくらいかを把握しておくと、発熱(異変)にも気づきやすくなります。熱中症予防のためにも毎日の健康管理はとても有効ですし、ちょっとした身体の変化に気づきやすくなることは他の病の悪化防止にもつながります。

心身ともに「コロナ疲れ」、豪雨や真夏日など体調を崩しやすくなる時期です。毎日の生活に今一度注意を向けて、この夏を元気に乗り切ってください。

参考:厚生労働省HP

(健康管理士:R)

シェア!