帯広・室蘭で初雪

きょうは北海道と東北北部を除いて、広く秋晴れとなっています。晴れの日の朝晩は冷えますので、今夜も暖かくしてお休みください。

けさは北海道の標茶(シベチャ)で-6.2℃(全国最低)まで気温が下がり、群馬県の嬬恋でも-0.9℃(関東で最低)と冷え込みました。また北海道の帯広と室蘭からは初雪の便が届きました。路面の凍結などにもご注意ください。

24日(月)12時の可視画像

20161024_12%e6%99%82%e5%8f%af%e8%a6%96%e7%94%bb%e5%83%8f

北海道には雪雲

今週の天気

北日本では周期的に冬型の気圧配置となり上空に寒気が入るため、北日本の日本海側や北陸地方では雪や雨の降る日が多くなる見込みです。

西・東日本では、25日(火)は東海~四国の太平洋側を中心に、28日(金)は広い範囲で雨が降る見込みですが、そのほかは日差しが届き、青空が広がる見込みです。30日(日)頃は真冬並みの寒気が北日本に南下する見込みで、東・西日本の冷え込みも強まりそうです。

一方、沖縄・奄美は高気圧に覆われるため、晴れて季節外れの暑さが続くでしょう。

(2016年10月24日12:00更新)


miyahara_winter

みやっちです。23日は二十四節気の「霜降」ですが、「霜降」の次は「立冬」(11月7日)、いよいよ暦の上では冬の始まりです。今週も日々の気温差が大きいですので体調を崩さないようにしましょう。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。