コロナだけじゃない!なにかがオカシイ2020年の夏

猛暑で熱中症による救急搬送が増え、ゲリラ豪雨で街が冠水、落雷も頻発、コロナの新規感染者数も気になる毎日が続いています。2020年は心配事が絶えない年になりそうですが、とくに7月は気象においても「記録ずくめ」の1ヶ月でした。

① 非常に多くの雨(1946年からの統計開始以来1位)
② 非常に少ない日照(1946年からの統計開始以来1位)
③ 台風の発生がゼロ(1951年からの統計開始以来初)

そして、甚大な被害をもたらした「令和2年7月豪雨」の発生です。先に挙げた ①「非常に多くの雨」が災害に大きな影響を及ぼしていることは言うまでもありません。

画像:気象庁HP

■ 気温が一気に上昇で熱中症のリスクがさらに高まる

また、7月の気象の特徴として気温の低さが挙げられます。雨が続いたことで日照時間が短かったことも、この要因です。
うんざりするほど雨が降りどんよりした曇り空が広がり、コロナで外出自粛…身体が暑さに慣れないうちに、一気に猛暑が到来したこともあり心身ともに不調をきたす可能性がとても高くなります。とくに熱中症に対してしっかり警戒・対策をお願いします。

■ 8月に入った途端に台風発生ラッシュ

下の表は気象庁発表のデータをもとに2001年から2020年8月14日までの台風の発生数を一覧にしたものです。③の「台風の発生ゼロ」がお分かりいただけると思います。


この20年間の平均値は3.7。少ない年で2、多いと8回と記録されており、7月に1度も台風が発生しない、という状況はかなり珍しいことといえます。
また、もう一つ注目すべきは8月の台風発生数です。8月の平均値は5.2ですが、8月14日の時点で既に4つ台風の発生が観測されており、今後さらに増えることも十分に考えられます。

■ 災害に万全の対策を!

ことし7月3日〜31日までの長期にわたった、異例ともいえる「令和2年7月豪雨」、「令和元年東日本台風(台風第19号)」、「平成30年7月豪雨」や「台風第24号」「台風第21号」、死者負傷者をはじめ多くの犠牲者を出した、平成29年に発生した「台風第3号」「台風第18号」「台風第21号」、ここ数年、大きな災害が発生していることがよくわかります。

台風や大雨の災害に関しては、さまざまなツールからかなり精度の高い情報が得られるようになりました。避難に関しては「指示を待たず、早めに行動」を心がけ、たった一つしかない大切な命をご自身で守ってください。

(防災士・アール)

シェア!