週末は前線通過 激しい雨風に注意

オホーツク海の低気圧からのびる前線が、26 日(金)朝には北海道付近、夜には本州の日本海側に達し、27 日(土)にかけて北日本から西日本付近に停滞する見込みです。

【27日(土)9時の予想天気図】

20160825_27日9時予測

前線付近では大気の状態が非常に不安定になるため、土曜日にかけて北海道と東北、北陸を中心に激しい雨が降り、大雨になるおそれがあります。また、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうの降るおそれもありますので、農作物の管理や屋外の活動などに注意が必要です。

【26日(金)15時の予想雨域】

20160825_26日雨域分布

落雷_対策2【身の安全の確保を】

【予想される雨量】(いずれも多いところ)

26日18時までの24時間に予想される雨量

北海道地方、東北地方      120ミリ

27日18時までの24時間に予想される雨量

北海道地方       100から150ミリ

東北地方        50から100ミリ

沖縄と西・東日本の太平洋側は土曜日まで晴れるところが多く、西日本を中心に残暑が厳しいでしょう。日曜日は北日本で晴れ間がありますが、全国的に雲が広がりやすく、西日本は上空の寒気の影響で週明けにかけて雨が降りやすい天気となるでしょう。

台風10号の影響で、大東島地方では27日にかけてうねりを伴った高波に警戒が必要です。台風はこのあと進路を東に変える予想で、来週前半は本州付近にも影響するおそれがあります。最新の気象情報をご確認ください。

(2016年8月25日18:30更新)


miyahara_winter

みやっちです。北海道ではこれまでの大雨により地盤が緩んでいる所や河川の増水している所があります。土砂災害や洪水の発生しやすい状態が続いていますので、引き続き警戒してください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。