北海道 週末は大雨警戒

日本の東の海上に熱帯低気圧があって、20日(土)から21日(日)にかけて関東~東北の太平洋沿岸、北海道付近を北上する見込みです。

また北海道付近には前線が停滞しており、そこに熱帯起源の暖かく非常に湿った空気が流れ込むため、この土日は北海道を中心に大雨になるおそれがあります。

【20日13時の予想雨域】

20160819_20日13時予想雨量

 

【雨の予想】
19日18時から20日18時までの1時間雨量の最大値
日本海側         50ミリ
太平洋側、オホーツク海側 40ミリ

19日18時から20日18時までの24時間雨量
日本海側         150ミリ
太平洋側、オホーツク海側 100ミリ

20日18時から21日18時までの24時間雨量
北海道地方の多い所   200~300ミリ

北海道では20日朝から雷を伴い激しい雨の降るところがある見込みで、大雨による低い土地の浸水、土砂災害や河川の増水、氾濫などに厳重に警戒して下さい。また北~西日本の太平洋沿岸は波が高くなるため、海のレジャーには十分ご注意ください。

異音がしたら要注意

異音がしたら要注意

雨_道路冠水_足元注意

浸水にも注意

北陸と東海から西では週末も広く晴れますが、午後は山沿いを中心に突然の雷雨になるところもありそうです。残暑が続くため、熱中症に十分注意してください。

(2016年8月19日16:30更新)


miyahara_winter

みやっちです。北海道ではこれまでの雨で地盤の緩んでいるところがあります。土砂災害などには十分注意して下さい。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。