たくやくんの防災塾③『決めておいてよかった!家族との集合場所』

manga_j03_titlemanga_j03_01manga_j03_02manga_j03_03manga_j03_04

日ごろから、家族みんなで意識を!

震災特集の際に伺った被災者のお話の中でも、家族で事前に「震災に遭ってしまったときの行動」について話をするようになりました、ということがありました。いつどこでどんな規模の災害に遭うか、誰にもわからない、というのが現実です。
連絡網が途絶えている期間中、家族が離れた場所にいた場合などとくに、心配やストレスが尽きない事態になるでしょう。家族がそれぞれ別の場所で被災したときでも、基本の行動や集合場所について事前から確認ができていれば、心配やストレスが少なからず軽減できるかもしれませんよね。

集合場所は覚えていたけど、そのルートは?

集合場所の確認・徹底ができていたとして、ではそこまでのルートはどうでしょう?「どこで」震災に遭うかわからない。
ましてや災害のパニック時に、どんな状況が待ち受けているか…
そんなときに役立てていただきたいのが「ライフレンジャーアプリ」です。410円コースでは「地図ナビゲーション」機能の一環として「ナビゲーション」項目からアプリをダウンロードできます。事前に目的地(集合場所)を決めておき、設定します。よくいる場所(学校、会社など)からのルートを検索してみてください。

「ライフレンジャーアプリ」は下記のような特徴があります。

・昼/夜の明るさに応じた最適な画面の明るさ
昼バージョン夜バージョン

・検索経路のマイルート登録
・ルートのSNS共有(家族でシェアできる)

MYルート&SNS
右上にある▽をタップするとMyルートとSNS共有が表示されます

もちろん、実際の災害時にはそのルート上に問題がある場合も想定されます。が、ルートの確認をしておくことで方向や状況の事前把握ができることはとても重要です。

・まずはご家族で集合場所を決める、そこを覚えることを徹底する

・事前に集合場所への道のりを確認しておく

「日ごろからできることを、家族全員で」をモットーに、準備なさってみてください。

(2016/8/21 5:00更新)


toduka_summer

集合場所までの道のり、有事の際はどんな危険が待ち受けているかわかりません。ただ、事前に集合場所までの道のりを確認し、シミュレーションをしておくと少し心構えができますね。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

「プリンセス」という称号がマッチする麗しいヴィジュアルと、好きなことはとことん突き詰めてモノにする芯の強さを併せもつ。絵を描くことが好きで腱鞘炎になっても描き続けた経緯あり。中学生の頃、雲に魅せられ空を眺め続けて1時間。毎朝4時起きで猛勉強し気象予報士試験に合格。