【防災・風】トラックが横転するほどの風ってどんな風?

この秋は「非常に強い勢力を保ったまま…」「大型の台風が発生…」などという言葉を何度、耳にしたことでしょう。立て続けに日本を襲った大型の台風は各地で大きな被害をもたらしました。風速○○mの風、とはどのような状態になることをいうのでしょうか?風の強さによって私達にどのような影響があるのかまとめましたので、参考にしてください。


① 平均風速(m/s):10~15
風の強さ(予報用語):やや強い風
速さの目安:一般道路の自動車
人への影響:風に向かって歩きにくくなる。傘がさせない。

屋外・樹木の様子:樹木全体が揺れ始める。電線が揺れ始める。

走行中の車:道路の吹流しの角度が水平になり、高速運転中では横風に流される感覚を受ける。

建造物:樋(とい)が揺れ始める。

 

② 平均風速(m/s):15~20
風の強さ(予報用語):強い風
速さの目安:一般道路の自動車~高速道路の自動車
人への影響:風に向かって歩けなくなり、転倒する人も出る。高所での作業は極めて危険。

屋外・樹木の様子:電線が鳴り始める。看板やトタン板が外れ始める。

走行中の車:高速運転中では、横風に流される感覚が大きくなる。

建造物:屋根瓦・屋根建材がはがれるものがある。雨戸やシャッターが揺れる。

 

③ 平均風速(m/s):20~25
風の強さ(予報用語):非常に強い風
速さの目安:高速道路の自動車
人への影響:何かにつかまっていないと立っていられない。飛来物によって負傷するおそれがある。

屋外・樹木の様子:細い木の幹が折れたり、根の張っていない木が倒れ始める。看板が落下・飛散する。道路標識が傾く。
走行中の車:通常の速度で運転するのが困難になる。

建造物:屋根瓦・屋根建材が飛散するものがある。固定されていないプレハブ小屋が移動、転倒する。ビニールハウスのフィルム(被覆材)が広範囲に破れる。

 

④ 平均風速(m/s):25~30
風の強さ(予報用語):非常に強い風
速さの目安:高速道路の自動車~特急電車
人への影響:何かにつかまっていないと立っていられない。飛来物によって負傷するおそれがある。~屋外での行動は極めて危険。

屋外・樹木の様子:細い木の幹が折れたり、根の張っていない木が倒れ始める。看板が落下・飛散する。道路標識が傾く。

走行中の車:通常の速度で運転するのが困難になる。
建造物:屋根瓦・屋根建材が飛散するものがある。固定されていないプレハブ小屋が移動、転倒する。ビニールハウスのフィルム(被覆材)が広範囲に破れる。

 

⑤ 平均風速(m/s):30~35
風の強さ(予報用語):非常に強い風
速さの目安:特急電車
人への影響:屋外での行動は極めて危険。
屋外・樹木の様子:細い木の幹が折れたり、根の張っていない木が倒れ始める。看板が落下・飛散する。道路標識が傾く。

走行中の車:走行中のトラックが横転する。

建造物:固定の不十分な金属屋根の建材がめくれる。養生の不十分な仮設足場が崩落する。

⑥ 平均風速(m/s):35~40
風の強さ(予報用語):非常に強い風
速さの目安:特急電車
人への影響:屋外での行動は極めて危険。
屋外・樹木の様子:多くの樹木が倒れる。電柱や街灯で倒れるものがある。ブロック壁で倒壊するものがある。
走行中の車:走行中のトラックが横転する。
建造物:外装材が広範囲にわたって飛散し、下地材が露出するものがある。

 

⑦ 平均風速(m/s):35~40
風の強さ(予報用語):非常に強い風
速さの目安:特急電車
人への影響:屋外での行動は極めて危険。
屋外・樹木の様子:多くの樹木が倒れる。電柱や街灯で倒れるものがある。ブロック壁で倒壊するものがある。
走行中の車:走行中のトラックが横転する。
建造物:住家で倒壊するものがある。鉄骨構造物で変形するものがある。

※平均風速は10分間の平均です。風の吹き方は絶えず強弱の変化があり、瞬間風速は平均風速の1.5倍程度になることが多いですが、大気の状態が不安定な場合などは3倍以上になることがあります。
※風速は地形や周りの建物などに影響されますので、その場所の風速は近くにある観測所の値と大きく異なることがあります。

参考・画像出展:気象庁HP
参考URL:リーフレット「雨と風(雨と風の階級表)」

シェア!