【天体観測】年明け早々に2018年最大の満月!

今年もあとわずか。年越しの準備は整いましたか?
2017年の天体観測情報をお伝えしてきましたが、今回は年明け早々のビッグな、まさに「大きな」月の情報をお届けしたいと思います。

2017年最大の満月は12月の満月でしたが、2018年は年明け早々に「スーパームーン」です。ちなみに最も小さい満月は7月の満月ですが、大きさを比べるとこんな感じ。

(画像:国立天文台HP)

月の大きさ(見え方)は地球からの距離で変わります。

1月(2018年で一番近い月) 357,000km
7月(2018年で一番遠い月) 406,000km

数字が大きすぎてどれくらいの距離感か理解しづらいですよね。
1月2日の夜明け前、西の空を見ると(もちろん天気がよければですが)スーパームーンが沈むシーンを見ることができます。その後は東の空から太陽が。

ちなみに、元旦の夜には満月ではないけれどかなり近い距離の月が昇ります。太陽に関しては「初日の出」として特別な扱いですが、ぜひこの機会に「初月の出」も楽しんでいただけたらと思います。

さて、気になるお天気ですが…
日本付近は西高東低の冬型の気圧配置となり、北陸から北の日本海側では雪雲がかかりますが、太平洋側の地域では観察できるでしょう。
雪雲が吹き抜ける東海・近畿・中国地方などでは雲の隙間からになる場所もあります。北西の冷たい風が強く吹くので、防寒対策はばっちり決めましょう。


こんにちは、アールです。今年もあとちょっと、あとわずか、あと…明日までです。2017年最大の満月!という話題をお届けして1ヶ月も経たないうちに、2018年最大の満月の話題です。「近寄ったり遠ざかったり」月と地球の距離を、いろんなことに当てはめてみたりして。ともあれスーパームーン、空からのお年玉(特大)をぜひ観賞したいですね。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

編集部の尻叩き役としてやってきたが、年齢を省みず過酷な階段降りにチャレンジしてお尻の筋肉を痛める。あまり知られていない秘境的な場所に旅することが大好きで、数奇な気象現象と出会っているが、その貴重さを理解できていない。料理の腕はイマイチだが魚をさばくことが趣味。多肉植物中毒。