記録更新が続出。激しかった2017年を振り返る

今年も残すところあと少し。この時期になると、なんとなく1年間を振り返り、思い出し、ああ、今年も過ぎていくんだな~と、さらに年の瀬を感じてしまいます。今年は気象に関して、報道などでも「記録的」とか「観測史上初」など、とかくニュースが多かったように思います。ということで!恒例の(といってもまだ2回目ですが)ライフレンジャーの予報士3名に2017年の「気象ニュース・トップ3」をそれぞれ聞いてみました。

発表!2017気象振り返り

by ライフレンジャー・気象予報士

<ささやん予報士>

 

大雨平成297月九州北部豪雨
台風+梅雨前線という大雨の条件がすべてそろってしまった今年の7月上旬、福岡県、大分県などを中心に記録的な大雨に見舞われてしまいました。24時間の雨は多いところで1,000mmにも達したとされ、土砂災害や川の氾濫などが広範囲で発生するなど、大規模な気象災害となってしまいました。

台風特徴的な台風の1
7
20日に21時発生した台風5号は19日の歴代2位タイの長寿台風に。また、発生直後にぐるりと円を描くような進路をたどるなど、迷走台風ともいわれたことでも注目を集めていました。(本当に予測の難しい台風だった‥!)また、10月にはこれも珍しい「超大型」で「非常に強い」台風21号が発生。衆院選の投票期間とも重なったことでも大きな注目を集めていましたね。それぞれ雨や風、高波などへの影響ももちろんのこと、同時に台風の徴的にも目が行った1年と言えたのではないでしょうか。

極端気象&記録更新ラッシュ!
*極端な梅雨
北陸から北と沖縄は梅雨の時期の降水量の平年を上回ったが、そのほかの地域は平年よりも雨の少ない梅雨に。もっとも驚くのは九州北部は平年比67%と、この10数年でもっとも降水量が少ない梅雨であったという結果に。一方で、九州北部は梅雨の期間に記録的な大雨があったのは前述のとおりで、降るときと降らないとき、降る地域と降らない地域、それが極端な梅雨であったというのがとても印象的でした。
そのほか、
8月の東京、連続長雨記録21
*沖縄(那覇市に注目)の記録的高温
那覇市内で10月に33.0℃102年ぶりの10月の最高気温更新
最低気温29.7℃114年前の記録に並ぶ、高い最低気温の1位の記録
…8
月の月平均気温30.4℃127年の統計で1位の記録
などなど、雨や気温を中心に今年もたくさんの記録更新がありました。

<きよ予報士>

 

台風2122
10
月末に2週連続で週末に台風が日本に上陸、接近する台風が来た。特に台風21号は超大型の台風となり、暦上ではまもなく「冬」というシーズンにでも台風発生には関係ないということを痛感した。

九州北部の大雨
7
5~6日にかけて九州北部を中心に発生した大雨。原因は線状降水帯による大雨。平成268月豪雨により起きた広島県での甚大な土砂災害の原因と同じ線状降水帯による大雨であった。そのため、九州北部でも同様の災害が発生しないか非常に心配だった。

雪崩で登山講習中の高校生が死亡
3
27日に那須温泉ファミリースキー場で雪崩。春先の雪崩が多い時期に発生した痛ましい事故であった。なぜこの時期にプロではない高校生たちに登山講習をさせるのだろうという疑問や講習を実施した高校側の危険管理にも問題を感じた。また、危険とわかっていても、大丈夫だろうという油断で行動してしまうことへの怖さを感じた。

<さーちゃん予報士>

 

九州北部豪雨
線状降水帯による大雨が九州地方を襲い、甚大な被害が出ました。背景には地球温暖化が影響しているという意見もあります。地球温暖化が進むと「1時間降水量が50mm以上(滝のように降る雨)の発生回数が全国平均で2倍以上になる」とも言われています。水蒸気量のわずかな違いで雨量が大きく変わるため、集中豪雨の予測が非常に難しいですが、この先、AIなどの最新の技術と我々気象予報士の経験や判断でこれからの災害を少しでも減らしていけたらと思いました。

東京都で8月に21日連続の長雨、40年ぶり
今年は梅雨らしくなかったなと思っていたら、8月にその分の雨が降ったかとも思えるほど長雨に。自分で予報をして洗濯するタイミングを厳選するということを繰り返しました。洗濯をするタイミングがなくて非常に困りました。また、1ヶ月予報などで今年は猛暑確定か、と思うような情報が発表されていたため、覚悟を決めていたのに思ったよりも暑くなかったです。(8月上旬から中旬にオホーツク海高気圧が出現し、冷たく湿った空気が流れ込んできて)セミの声も今年は聞く期間が短かったかも夏好きとしては少し寂しかったです。

台風21
まだ記憶に新しい、関東地方直撃した台風21号。各地にもたらした被害はもちろん、暴風の音で夜ねむることができず、怖かったです。気象はきれいな虹やかわいい雲など幸せな気持ちにしてくれる反面、時には猛威を振るうといった二面性をもっていることを改めて痛感した日でした。


こんにちは、アールです。1年間があっという間。もうこの記事を書く時期なのか~、って感じです。
ちなみに、私・アールの今年の振り返りは北海道で温泉に浸かりながら大きな虹を見たこと。今年は虹を見る機会が多かったです。
もっとちなみに、コラムをチェックしてくれているヨコヤマくんは仙台で33日連続の雨だったことが印象に残っている、だそうです!
記録づくめのように感じた今年2017年。来年は、暑すぎる寒すぎる、多すぎる少なすぎるなど、極端なことができるだけ少なければよいなと願う年の瀬です。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

編集部の尻叩き役としてやってきたが、年齢を省みず過酷な階段降りにチャレンジしてお尻の筋肉を痛める。あまり知られていない秘境的な場所に旅することが大好きで、数奇な気象現象と出会っているが、その貴重さを理解できていない。料理の腕はイマイチだが魚をさばくことが趣味。多肉植物中毒。