【発表!1ヶ月予報】年明けまで各地でかなり寒くなりそう!どうなる?この先1ヶ月

12月に入りました!寒波の襲来、積雪の報道など、冬ならではの気象ニュースが気になるところです。寒さや乾燥でインフルエンザやノロウイルスなど、身体への影響も心配ですね。これから年末に向けてイベントも目白押しですが、この先はどうなるのでしょう?12月~1月上旬の天気傾向についてお伝えしたいと思います。

12~1月上旬 気温傾向について

冬型の気圧配置が強くなる見込みで、沖縄・奄美を除く日本全域で向こう1ヶ月の気温は低くなりそうです。下の図を見ていただいてもお分かりいただけるように、列島が真っ青・・・気温が低い可能性が高いですので、防寒対策はしっかりするようにしてください。

週ごとの天候について

<1週目(12/9~12/15)>
北日本・東日本・西日本の日本海側では、気圧の谷や寒気の影響で平年に比べて曇りや雪・雨の日が多くなりそうです。一方、太平洋側は平年と同様に晴れの日が多い見込みです。沖縄・奄美では、寒気や湿った空気の影響で、平年に比べて曇りや雨の日が多いでしょう。

<2週目(12/16~12/22)>
北日本・東日本・西日本の日本海側では、気圧の谷や寒気の影響で平年に比べて曇りや雪・雨の日が多くなりそうです。北日本の太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多くなりそうです。東日本・西日本の太平洋側では、高気圧に覆われやすいため、平年に比べて晴れの日が多いでしょう。沖縄・奄美では、曇りや雨の日が多くなりそうです。

<3~4週目(12/23~1/5)>
北日本・東日本・西日本の日本海側では、寒気の影響で平年に比べて曇りや雪・雨の日が多い見込みです。全国的に日本海側では、曇りや雨・雪の日が多いでしょう。一方、太平洋側では晴れの日が多いでしょう。沖縄・奄美では、平年と同様に曇りや雨の日が多くなりそうです。

12月~1月上旬 降水量の傾向

冬型の気圧配置が強くなる見込みで、北日本・東日本の積雪量は多くなりそうです。また、西日本の日本海側でも平年並みか多いでしょう。特に北日本では期間の前半、東日本・西日本では期間のはじめに気温がかなり低く、日本海側を中心に降雪量がかなり多くなる可能性があります。

日本海側と太平洋側でだいぶ差がありますが、これは冬型の気圧配置が強いときの特徴です。日本海側の方は、積雪量が増える可能性が高いので充分注意してください。

▼なぜこうなるか、数値予報モデルによる予測結果を見てみましょう。

1ヶ月平均の地上気圧(左図)は、シベリアを中心に高く、シベリア高気圧の勢力が強い予測になっています。また、上空の気温(右図)は北日本から西日本にかけて低く、特にシベリアから北日本付近では、平年と比べて大きく差がある予測となっています。(資料・参考:気象庁HP)


こんにちは、アールです。寒いのが苦手な私は、この先1ヶ月をどう過ごそうか今から考えてしまいます・・・とりあえず、腹巻を買おうかな。晴れて流星群が期待できるのは嬉しいですが、ウイルスも元気に飛び回りそうですので、手洗い・うがいも徹底したいと思います!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

編集部の尻叩き役としてやってきたが、年齢を省みず過酷な階段降りにチャレンジしてお尻の筋肉を痛める。あまり知られていない秘境的な場所に旅することが大好きで、数奇な気象現象と出会っているが、その貴重さを理解できていない。料理の腕はイマイチだが魚をさばくことが趣味。多肉植物中毒。