【流星群情報】2度目のピークで「火球」出現なるか?おうし座北流星群

先月10日頃に「おうし座南流星群」の記事を書かせていただきました。他の流星群とはちょっとタイプが違う「おうし座流星群」、その特徴をおさらいすると、こんな感じです。

おうし座流星群の特徴まとめ

・出現の期間が長い…約2ヶ月間続く
・ピークがわかりにくい…1時間に出現する数が少ない
・ピークが2回…南流星群と北流星群に分かれている
・ゆっくり…星が流れるスピードが遅い
・火球が多い…大きな流星が出現する可能性が高い
*火球とは「惑星よりも明るい流星」のこと

「出現の期間が長い」ということで、1ヶ月ぶりに2回目のピークがやってきます。1時間に出現する数が少ないため、ちょっとわかりにくいかもしれませんが「火球」と呼ばれる大きな流星が出現する可能性が高い、というのもこの流星群の特徴でもあり、空を見上げていると「おおお!」なんてことがあるかもしれませんね。

おうし座は東の空。ピンク色の○で囲んだ辺りです。わかりにくいな、と思ったら、まずわかりやすいオリオン座を手がかりとして、先日「食」のあったアルデバランを見つけましょう。


(画像・参考:国立天文台HP)

この頃、月は満月を過ぎた下弦の月。月の出る時間が23時48分頃なので、空を見上げるなら月明かりがない23時頃までがオススメです。夜はぐっと冷え込むことも予想されますので、どうか暖かい服装で。足元や手元にも気をつけて観測してくださいね。

さて、気になる当日のお天気は…

↑ 流星群みえるかなMAP

冬型の気圧配置が残り、北日本の日本海側でシグれそうですが、その他は晴れて星空が期待できそうです。
九州や沖縄も雲が多めとなるかもしれません。(※11/8時点の予想なので変わることがあります)


こんにちは、アールです。せっかく天体観測のシーズンなのに、雲や雨が多くてがっかりですよね。でも!やっと今回は、今回こそは!見られるかも? これから年末年始にかけて、流星群を観るチャンスが何度かありますので、願い事をしっかりあたためて、早口で言える練習をしておきたいと思います。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

編集部の尻叩き役としてやってきたが、年齢を省みず過酷な階段降りにチャレンジしてお尻の筋肉を痛める。あまり知られていない秘境的な場所に旅することが大好きで、数奇な気象現象と出会っているが、その貴重さを理解できていない。料理の腕はイマイチだが魚をさばくことが趣味。多肉植物中毒。