【3ヶ月予報】お肌が心配!? 残暑厳しく乾燥しそうな気配濃厚

ゲリラ豪雨や信じられないような数の落雷など、激しい天候に関する報道が多いですよね。これから先はいったいどうなっていくのでしょう?気象庁から発表された3ヶ月予報についてまとめてみたいと思います。

▼9月~11月 平均気温の傾向

全国的に暖かい空気に覆われやすくなるため、向こう3ヶ月の気温は高い見込みです。11月には平年並みに落ち着きそうですが、9月~10月は全国的に平年並みか高くなり、残暑が厳しいことが予想されます。この夏の暑さによる疲れもたまっていると思いますので、睡眠・栄養をしっかりとるなど、体調に気をつけてください。


▼月別の天候について

夏の名残から秋、そして冬へと変わる期間になります。天気が変わりやすい傾向が見られますので、寒暖差による体調の変化には充分注意し、洋服選びなども慎重になさってください。

<9月>
・北・東日本と西日本日本海側では、天気が変わりやすいでしょう。
・西日本太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多くなりそうです。
・沖縄・奄美では、南から湿った空気が入ってきやすいため、平年に比べて晴れの日が少ない見込みです。

<10月>
・全国的に早い周期で天気が変わるでしょう。
・東・西日本では、移動性高気圧に覆われやすく、平年に比べ晴れの日が多い見込みです。
・北日本太平洋側と沖縄・奄美では、平年並みに晴れる日が多くなりそうです。

<11月>
・北日本・東日本の日本海側では、曇りや雨・雪の日が多くなりそうです。一方、西日本の日本海側は、平年に比べて曇りや雨の日が少ない見込みです。
・全国的に太平洋側では、晴れの日が多いでしょう。
・沖縄・奄美では、天気が変わりやすく、特に11月後半は平年と同様に曇りや雨の日が多くなりそうです。

▼9月~11月 降水量の傾向

東日本太平洋側と西日本では、低気圧や前線の影響を受けにくく、向こう3ヶ月の降水量は平均並みか少ない見込みです。

▼降水量が少ない予報、そのワケは?

太平洋西部で海面の水温が高く、インドネシアからフィリピン付近にかけて積乱雲の発生が多くなりそうです。この影響で上空の偏西風が大陸東部でやや北、日本の東でやや南に蛇行することが予想され、日本付近に南からの湿った空気が流れ込みにくくなり、降水量が少ないでしょう。
…「平年並み」と言われてもどのくらいだったか覚えていない!ですよね。ご参考までに、全国11地域の「晴れ日数の平年値」を表にまとめましたのでご参考ください。
(平年並みの範囲は同時期の過去30年間の値から統計的に算出。「晴れ日数」とは「日照時間が可照時間の40%以上」の日をさします)

●晴れ日数の平年値
9月 10月 11月
札幌 16.5日 16.7日 11.7日
仙台 12.4日 16.5日 18.0日
新潟 16.2日 15.8日 9.7日
東京 11.9日 14.8日 17.4日
名古屋 15.1日 18.6日 19.5日
大阪 16.3日 18.2日 18.3日
広島 16.8日 19.6日 18.4日
高松 16.1日 19.0日 17.7日
福岡 16.6日 19.3日 15.9日
鹿児島 18.2日 20.1日 17.6日
那覇 20.2日 19.3日 14.8日

(参考資料:気象庁)

残暑厳しく、天候が変わりやすく、乾燥しやすい!乾燥すると風邪を引きやすくなる要素が増えるといわれています。衣服などで体温調整するなど、くれぐれも体調には気をつけてお過ごしください。


こんにちは、アールです。3ヶ月先は初冬だなんてこんな暑い毎日だと、なかなか想像できないですよね。でも、このところ日が暮れるのが早くなったなあ、とか、セミの鳴き声が変わってきたなあなど、秋の足音は確実に聞こえています。ともあれ季節の変わり目は体調を崩しやすいとき。どうかご自愛くださいますように!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

編集部の尻叩き役としてやってきたが、年齢を省みず過酷な階段降りにチャレンジしてお尻の筋肉を痛める。あまり知られていない秘境的な場所に旅することが大好きで、数奇な気象現象と出会っているが、その貴重さを理解できていない。料理の腕はイマイチだが魚をさばくことが趣味。多肉植物中毒。