和歌山や高知で真夏日

北日本の冬の嵐や風雪はおさまりましたが、上空に寒気を伴った低気圧の通過により、東北・北陸地方で大気が不安定で局地的に雨や雷雨となりました。

そのほかの地域は概ね晴天で、初夏の陽射し+南風により関東から西の各地では気温が上昇!
和歌山県新宮市では30.2℃の真夏日となり、名古屋や京都も25℃以上の夏日となりました。

あす以降、大型連休中盤の5/3~4頃は低気圧が通過して全国的に天気が崩れるほかは、概ねお出かけ日和となるところが多いでしょう。気温も高く30℃近くまであがるところも出てきそうですので、熱中症にはご注意ください。

5/2(月)
全国的におでかけ日和、西から下り坂
5/3(火)
西日本中心に雨。局地的に強く降る所も
南風が強まる
5/4(水)
東・北日本も天気崩れ荒れ模様
西日本は回復して晴天
5/5(木)
北海道除いて天気回復し晴天
こいのぼりも気持ち良い泳ぎ
5/6(金)
概ね晴天が続く見通し
気温があがり真夏日のところも
5/7(土)
上空のうす雲が広がるものの、天気の崩れはない見込み
5/8(日)
西から雨雲が広がり、西日本で雨の所も

5/4 9時の風予想

5/4 9時の風予想

 

(※)予報期間の後半ほど精度が悪くなりますので、最新の予報をご利用下さい

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。