【天体情報】真夏の夜の、部分月食

太陽・地球・月が一直線に並ぶ奇跡のような瞬間を、私たちは日食や月食といった現象で目にすることができます。スケールが大きすぎて全体像は捉えられなくても「影」がその事実を雄弁に語ってくれるんです。

今回は「部分月食」ではありますが、夏休み中の観察日記や自由研究の課題としてもオススメしたい空のこと。是非この機会に空を見上げてみてはいかがでしょう。
8月8日午前2時22分頃から4時18分頃まで。月食の最大は3時20分頃の予定です。

画像:国立天文台HPより

夏休みなので夜更かしもそんなに気にならないし、寒さも平気!気になるのは、空模様・・・ですよね。

お月様見えるかなMAP (8日21時予想)

台風5号がちょうど日本海を北上する頃と見込まれ、台風に近い北陸や東北の太平洋側で曇や雨となりますが、その他のエリアは見える可能性ありです。台風の進路やスピードによっては観察が難しくなるかもしれませんので、最新のお天気をチェックしておきましょう。
最新の天気を確認する>


こんにちは。キヨです。「影」が語る宇宙の魅力にわくわくしますね!
夏とはいえ、夜明けの時間で肌寒く感じることもあるので長袖を準備しておくとよさそうです。また、虫除け対策にもなりますので持っていくと安心ですね。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

写真撮影の腕は、某ネイチャー系媒体で受賞するほど。「まだ見たことのないナニカ」と出会うことに喜びを感じ、行動範囲は世界規模。海にも山にも精通し、生物観察を至上の幸福とする。通勤時間が人より長めだが、脳内整理の時間に充てている。予報士の資格を幅広く世の役に立てたいと願う理系女子。