【発表!3ヶ月予報】今年も「猛暑」が濃厚か…?!

これまでも【今年の夏は平年より暑くなる可能性が高い】とお伝えしてきましたが、いよいよこの予報が濃厚になってきました…。今回、ライフレンジャーでは、7~9月の最新3ヶ月予報をお伝えします!


■7~9月 平均気温の傾向

7~9月の3ヶ月間平均気温は全国的に平年より高くなるでしょう。さらに、月毎に細かく見ていくと、9月までこの傾向はずっと続く見込み。今年も残暑が厳しくなるかもしれません…。

気温が高くなる主なポイントは下記の2つ。

①大気全体の温度が高いため
―地球温暖化の影響で、大気全体の温度が平年よりも高く、日本付近も高温傾向となる予想です。

②太平洋高気圧とチベット高気圧が本州付近に張り出しやすいため
―夏の暑さをもたらす太平洋高気圧と上空のチベット高気圧の勢力が強く、本州付近まで張り出す予想。このため、日本付近は晴れて気温が上がる日が多くなると見られています。

(出典:気象庁)

屋外に出るときはサングラスをかける、日焼け止めを塗るなどの紫外線対策は万全にしておきましょう!


■7~9月 降水量の傾向

西~東日本では、前線や湿った気流の影響を受けやすく、向こう3か月の降水量は平年並か多い見込みです。その他の地域ではほぼ平年並みとなる予想です。
先日、大きな地震の発生した大分県や長野県では、雨による土砂災害の発生が通常より高くなっている可能性があります。過去にも梅雨時期に大雨による災害が多数発生していますが、今年も十分に注意してください。避難所の場所を確認する、有事の際のシミュレーションを事前に行う、などの対策は万全にしておきましょう。


さーちゃんです。海やプール、空に浮かぶもくもくとした積雲…【夏ならでは】が今から楽しみです!…ただ、夏が終わったあと鏡を見てびっくりしないように、今から紫外線対策は万全にしておかないと…!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

「プリンセス」という称号がマッチする麗しいヴィジュアルと、好きなことはとことん突き詰めてモノにする芯の強さを併せもつ。絵を描くことが好きで腱鞘炎になっても描き続けた経緯あり。中学生の頃、雲に魅せられ空を眺め続けて1時間。毎朝4時起きで猛勉強し気象予報士試験に合格。