え~!そんなことが夫婦喧嘩の原因に!?

「気象病」という言葉をご存知でしょうか。二日酔いでも風邪でもなく、とくに思い当たることがないのに頭が痛い…なんて体験はありませんか? 気圧や気温、湿度などの環境の変化によって、身体に不調を感じる現象のことを「気象病」といいます。今回は気象や気候などが健康に及ぼす影響について、お伝えしたいと思います。

■気象とホメオスタシス
気温・気圧・大気の状態、雨が降る、風が吹くといった現象のことを諸々「気象」といいますが、こうした気象や環境の変化に自分の身体を適応させるしくみとして「ホメオスタシス」が関係しているそうです。多少の気温差や、気圧の変化、湿度の変化(ストレス=刺激)などにうまく対応して心身のバランスを保ってくれる機能ですね。

■イライラしがちで「夫婦喧嘩注意報」!?
ところが、最近のように連日「気温の差が激しい」日や天候の変化が大きな日が続くと、身体がついていけなくなる場合があります。つい先日も朝の天気予報で「夫婦喧嘩注意報」の話題が出ており、激しい気温差によるイライラや体調不良への注意を呼びかけていました。実際は公式に「夫婦喧嘩注意報」という名称の注意報はありませんが、北海道地区の天気予報の報道の中で「夫婦喧嘩などに注意を」という呼びかけが過去あったことは事実のようです。

■気温・湿度・気圧がカラダに与える影響について
私たちの身体は、暑いと血管を広げて熱を外へ出そうとし、寒いと熱を逃がさないようにする機能をもっています。この暑い・寒いと感じさせるのは気温だけではなく湿度も大きく関係しています。例えば同じ湿度50%でも夏と冬では感じ方が違う、といった具合です。これが発汗にも影響するので、体感としてどうか、身体の機能がどのように動くか、個人差も含めて少し複雑です。また、気圧は血管の伸縮に影響を与えます。エレベーターで高層階に行く時、耳がツーンとしたりする症状が、体内の各所で起こる可能性があるということです。
こうした変化に身体は常に平衡を保とうと動いてくれていますが、それが度重なると疲れてしまって体調を崩しやすく(コントロールがしづらく)なるといわれています。

■気象病と季節病は違う?
一方、スギの花粉が飛散する頃に症状として出てくる「花粉症」や、冬期に流行る「インフルエンザ」、大型連休明けになんとなく会社に行くのがだるい、なんとなく憂鬱…といったいわゆる「五月病」などについては、ある一定の時期に発生・蔓延しがちな症状として「季節病」とされます。こちらについてはまた別の機会にご紹介したいと思います。


こんにちは、アールです。ゴールデンウィーク期間中はとにかく「昼寝三昧」の毎日でした。「春眠暁を覚えず」って時期はとっくに過ぎたはずなのに、ずっとやけに眠いな~と思っているのですが、これも気象病の一種かもしれないですね。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

編集部の尻叩き役としてやってきたが、年齢を省みず過酷な階段降りにチャレンジしてお尻の筋肉を痛める。あまり知られていない秘境的な場所に旅することが大好きで、数奇な気象現象と出会っているが、その貴重さを理解できていない。料理の腕はイマイチだが魚をさばくことが趣味。多肉植物中毒。