【3ヶ月予報】今年の梅雨はどうなる?

奄美・沖縄など早いところでは5月上旬から梅雨入り。その他の地域も、6月頃からいよいよ梅雨に突入しますね。今回ライフレンジャーではこの先3ヶ月間、5月~7月にかけての天気傾向をお伝えします!


■5月~7月 降水量の傾向 

西日本太平洋側では、前線や南から湿った空気が入る影響で、この先3ヶ月間の降水量は平年よりも多くなる可能性があります。その他の地域はほぼ平年並みでしょう。
ただ油断は禁物。月ごとに見ていくと、北海道と沖縄以外の地域は、梅雨真っ只中の7月、平年よりも降水量が多くなる予想になっています。
梅雨時期は雨が多く降ると、冠水や土砂災害などの災害のおそれも出てきます。また、室内では食中毒やカビ対策なども必須になってきますね。
少しでも快適に梅雨を乗り越えるために、今からできる梅雨対策は万全に行っておきましょう!

各地の梅雨入りと梅雨明け(平年値)


■5月~7月 平均気温の傾向

暖かい空気に覆われやすく、向こう3ヶ月の平均気温は全国的に高い見込みです。
気温が高い+降水量が多くなるということは、ジメジメと蒸し暑くなるということ。
気温がそれほど上がらなくても、湿度が高いと熱中症の危険が一気に高まります。これからの時期、屋外で過ごす場合は、通気性のよい服を着る、帽子を被るなど熱中症対策を行いましょう。


toduka_winter

さーちゃんです。みなさん、梅雨対策は万全ですか?ライフレンジャーでは、これから梅雨に向けた対策記事やコンテンツをオープン予定です。できることからコツコツと、早めの梅雨対策を行いましょう。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

「プリンセス」という称号がマッチする麗しいヴィジュアルと、好きなことはとことん突き詰めてモノにする芯の強さを併せもつ。絵を描くことが好きで腱鞘炎になっても描き続けた経緯あり。中学生の頃、雲に魅せられ空を眺め続けて1時間。毎朝4時起きで猛勉強し気象予報士試験に合格。