好条件が揃う!? 4月22日はこと座流星群

年明け早々に「しぶんぎ座流星群」の情報をお届けさせていただきました。かなりの好条件だったので「流れ星」の姿を捉えた方も多かったのではないかと思いますが、お正月で寒い時期!あの時はちょっと…という方、今年2番手の流星群がやってきます。4月22日~23日にかけて「こと座流星群」がピークを迎えます。国立天文台の情報によると「見ごろは23日未明。1時間に5個程度見える可能性があり、月明かりなどの影響がなく条件は良い」とのこと。

ところで「こと座」ってどんな星座なのでしょう?
こと座の中で一番明るい星はベガ。日本では七夕の「おりひめ星」として親しまれている有名な星です。七夕の伝説はご周知のとおり。ではギリシャ神話では?というと、これがまた結構悲しい物語なんです。

琴を演奏する音楽家のオルフェウスという男性が登場します。オルフェウスは美しい女性と結婚するのですが、幸せの絶頂期、妻は毒蛇に噛まれて短い一生を終えてしまいます。悲しみにくれるオルフェウス。彼は琴を携えて冥界に行き、琴を演奏して困難を乗り越え、ついに妻を取り戻すことができました。が、条件がひとつ。「地上に出るまで、決して妻のほうを振り返ってはいけない」こと。オルフェウスは妻の手を引き、地上に向かって歩くのですが、出口が見えたそのとき、条件を守ることができず振り返ってしまうのです。
当然、妻を連れ戻すことはかなわず、オルフェウスは死んで(自殺とも他殺とも説があるようです)琴とともに川へ…。それを哀れに思った最高神・ゼウスが琴を拾い上げて星座にしました。

という流れなんですが…。日本の民話・神話などでも条件に「見ちゃだめ」的な話は、他にもありますよね。『鶴の恩返し』もそうですし、イザナギの神話も「振り返っちゃだめ」でした。アニメーションなどで見ていても「なんでそこで我慢できなかったのよ~!」と悶絶したりするんですが、もし自分がその立場になったら…あなたは振り返らずに我慢できそうですか?

話がだいぶそれてしまいましたが「こと座流星群」、見えるといいですね。新生活がスタートした最初の流れ星。気になるお天気はライフレンジャーでご確認ください。



こんにちは、アールです。もし自分がオルフェウスやイザナギの立場だったら…振り返らずにいられる自信は全くないですね~。けどそれを友人に話したら「だって、それで振り返らずに無事に連れ戻せていたら、星座ができてないじゃん」といわれてしまいました。確かに。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

編集部の尻叩き役としてやってきたが、年齢を省みず過酷な階段降りにチャレンジしてお尻の筋肉を痛める。あまり知られていない秘境的な場所に旅することが大好きで、数奇な気象現象と出会っているが、その貴重さを理解できていない。料理の腕はイマイチだが魚をさばくことが趣味。多肉植物中毒。