週末のスキー・雪山登山に気をつけて!

数日前に「表層なだれ」の悲しいニュースが報じられました。週末にスキーや登山に行かれるかたは注意をなさってください。

なだれにじゅうぶんな警戒を!

雪の被害の中でも最も危険な現象の一つが「なだれ」です。
多いときには年間でおよそ100件のなだれが発生し、多くの犠牲が出ることがあります。なだれから身を守るにはどのようなことに注意をしたらよいのでしょうか。
なだれには大きく分けると「表層なだれ」と「全層なだれ」の2種類があります。

春先に起こりやすい「全層なだれ」の注意ポイント

全層なだれは、春先などの一時的に寒さが緩んだ時期に起こりやすいのが特徴です。時速40~80km程度。自動車が走行するスピードで落下するため注意が必要です。

▼「全層なだれ」が発生しやすい条件
・冬の間一時的に気温の上がる日
・雨が降ったあと
・斜面の雪にひびや、盛りあがった場所があるとき

寒い時期に発生しやすい「表層なだれ」の注意ポイント

表層なだれは、冬の寒い時期に発生しやすく、発生地点から遠く離れた場所まで被害の出ることがあり大変危険な現象です。雪が滑り落ちる速度は、時速100~200kmにも達するとされ、事前に発生する予測が難しいという特徴があります。

▼「表層なだれ」が発生しやすい条件
・積雪の多い場所でさらに大雪となるとき
・気温が低い日
・氷点下の気温が続き、風の強いとき

■なだれの被害に遭わないためには(表層・全層なだれともに)
・傾斜が35度~45度の斜面
・木がまばらにしか生えていない場所
・高い木が少なく、低木林や草地

なだれが発生しやすい条件のときはこうした場所へは近付かないようにしましょう。


こんにちは、アールです。春休み中の週末!とくれば、シーズン最後のスキーや雪山登山、という方も多いと思いますが、どうかくれぐれも気をつけて楽しんでください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

編集部の尻叩き役としてやってきたが、年齢を省みず過酷な階段降りにチャレンジしてお尻の筋肉を痛める。あまり知られていない秘境的な場所に旅することが大好きで、数奇な気象現象と出会っているが、その貴重さを理解できていない。料理の腕はイマイチだが魚をさばくことが趣味。多肉植物中毒。