【3.11特集】今日からできるコト

■震災に備えるって、どんなことだろう? 家族と一緒にできること、考えてみませんか?

東日本大震災から6年の月日が経ちました。いまも避難生活を余儀なくされている方や、大切な人をなくされた方、被害に遭われた方に心からお見舞いを申し上げます。
「ライフレンジャー」ではこれまでの3.11特集で被災者の方にお話を伺い、「事前の準備」がとても重要だということを知りました。
そこで今年は、震災で家に帰れなくなった(帰宅困難になった)方を対象に「その時、なにが必要だったのか?」を調査し、結果とご提案について特集を組ませていただきました。
「防災」についてご家族でお話いただくきっかけになれましたら幸いです。


<3.11特集 ~家族と一緒にできる事前準備~>

シリーズ1:『もし帰れなくなったら…』

170228(降順)

実際に帰宅困難になった方へのアンケート調査で「こんな情報が必要だった!」というリアルな声を集計。その時、必要な情報とは…

>>シリーズ1を読む


シリーズ2:『逃げ道ルートが命をつなぐ』

49a012cfbd9a551f9035eaac1cab3e44_s

東京都庁の防災管理課を取材。事前にできること、家族でできる準備についてお話を伺いました。今からすぐにできることとは…

>>シリーズ2を読む


■<ライフレンジャー天気+ナビ>がバージョンアップ!

天気+ナビアプリ_避難MAP

ライフレンジャーでは、実際に帰宅困難になった経験のある方568名の「この情報が欲しかった」という声を受けて、提供できる情報を見直しました。
「使える情報」とは何か?そのとき、どのような形で役に立てるか?を反映したのがこちら「ライフレンジャー天気+ナビ」の最新バージョンになります。

・家族の安否がすぐに確認できるよう伝言ダイヤルサービス「171」にワンクリックで繋がります。
・登録した自宅までの徒歩ナビが表示されます。
・運転見合わせ、再開などの鉄道運行情報がリアルタイムで確認できます。

最新バージョンでは、これらの機能を無料で提供
是非ご活用ください!



関連リンク:ライフレンジャーこれまでの3.11特集

(2017/03/09 00:00更新)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

「プリンセス」という称号がマッチする麗しいヴィジュアルと、好きなことはとことん突き詰めてモノにする芯の強さを併せもつ。絵を描くことが好きで腱鞘炎になっても描き続けた経緯あり。中学生の頃、雲に魅せられ空を眺め続けて1時間。毎朝4時起きで猛勉強し気象予報士試験に合格。