1等星の170倍!? 金星がマブシイほど超明るい

星の明るさがそんなに変わるなんて!

夕焼け空に、キラキラ輝く一番星み~つけた!ん?あれ、いつもより明るさが増しているように思うのは私だけ?星の明るさがそんなに変わるなんて初めて知りましたが、2月17日に金星が最大光度を向かえ、1等星の170倍の明るさになるそうです。日が暮れたな~と思ったら、西の空を見上げてみてください。2月中は明るい状態が続くため、観察に適しています。

20170214_金星がマブシイ01
画像出展:国立天文台HPより

月だけじゃなかった!三日月ならぬ三日金星が見える?

肉眼で見るのは難しいですが、望遠鏡などを使うと、三日月のような形の金星を観察することができます。満ち欠けするのは月だけではなかったんですね!月は約28日周期で満ち欠けしますが、金星は約1年7ヶ月の周期になります。

20170214_金星がマブシイ02
画像出展:国立天文台HPより

ちなみに、地球からみて金星が太陽を挟んだ反対側にある「外合」の時期、金星は満月のような状態ですが、地球から離れています。逆に太陽の手前にある「内合」の時期は新月のように見えなくなります。金星が最大光度になるのは、三日月のような状態のとき。それが今年2017年2月半ば過ぎと4月末頃。2月は空の観測には適した時期といえるので、ぜひこの機会に空を見上げてみてください。

(2017/2/14 00:00更新)


kiyoshima_winter

こんにちは、キヨ予報士です。今月はなにかと太陽系の星たちの話題が盛りだくさん。晴れた日に空を見上げるきっかけにしていただけたらと思います。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

編集部の尻叩き役としてやってきたが、年齢を省みず過酷な階段降りにチャレンジしてお尻の筋肉を痛める。あまり知られていない秘境的な場所に旅することが大好きで、数奇な気象現象と出会っているが、その貴重さを理解できていない。料理の腕はイマイチだが魚をさばくことが趣味。多肉植物中毒。