全国的に暑く こまめな水分補給を

暖かな空気に覆われている日本列島。きょう(10日)は九州~東北地方の広い範囲で晴れて気温上昇。群馬県伊勢崎市で30℃の真夏日を観測するなど東日本や東北地方の各地で今季一番の暑さとなりました。

向こう1ヶ月(5/11~6/10)は北~西日本は高気圧に覆われやすく、日本海側を中心に晴れる日が多い見通しです。また沖縄から北海道まで全国的に暖かい空気に覆われ、特に北海道の日本海側とオホーツク海側、東北~九州北部の日本海側は南または東よりの山越え気流によるフェーン現象が加わり期間前半は平年よりかなり気温が高くなる可能性があります。

↑平均気温の傾向(5/11-6/10)

↑降水量の傾向(5/11-6/10)

消防庁によると大型連休中の1週間(4/29~5/5)で342名(速報値)の方が熱中症の症状で救急搬送されています。暑さに慣れていない時期ですので、油断せずこまめに水分を補給するなど熱中症対策をなさってください。

↑熱中症対策を

ただ、北・東日本の太平洋側は海からの冷涼な東風の影響で雲が広がり肌寒く感じる日もありそうです。また、沖縄・奄美地方は前線や暖湿気流の影響で曇りや雨の日が多く、本格的な雨の季節に入る見込みです。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。