2月後半から季節加速!?

今週は冬と春を行ったり来たりで週末は関東地方の広い範囲で雪の予報。。まだまだ冬の存在感が強い時期ではありますが、季節は着実に進んでおり、鹿児島県奄美市と沖縄県石垣市ではヒカンザクラが満開を迎え、大分市からはウグイスの初鳴の便りが届きました。

平均気温の傾向(2/9~3/8)

降水量の傾向(2/9~3/8)

最新の1ヶ月予報によると、来週にかけては西・東日本も冬の寒さが続きますが、その後は偏西風(上空の強い西風)の北上とともに上空の寒気も北上傾向。変わって南から暖かく湿った空気が流れ込みやすくなり、2月後半からは沖縄・西日本を中心に季節外れの暖かさとなる予想。北日本も2月下旬頃からは寒さは緩んでくるとみられます。

また、向こう1ヶ月の降水量は低気圧の影響を受けやすい西・東日本の太平洋側と沖縄で平年より多く、日本海側の降雪量は少ない見通しです。一雨ごとに暖かい空気が流れ込み、季節の歩みは加速しそうです。花粉の飛散も本格化しますので、春物の準備と花粉対策を行っておきましょう。

(みやっち)

 

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。