西・東は残暑 北から秋の気配!?

残暑お見舞い申し上げます。
1年で最も暑い時期「大暑」から秋の気配を感じ始める「立秋」へと季節が移りました。暦の上では8月下旬には暑さがおさまる頃「処暑」を迎えますが、西・東日本と東北地方は9月上旬にかけて暖かい空気に覆われやすく、お盆が明けた後も暑い日がしばらく続きそうです。

平均気温 の傾向 (8/11~9/10)

▼降水量の傾向  (8/11~9/10)

沖縄・奄美地方は湿った空気が流れ込みやすく、8月下旬にかけて曇りや雨の日が多い予想ですが、ほぼ平年並みの暑さが続く見込みです。(向こう1か月の那覇の平均気温は28~29℃くらい)
一方、北海道ではオホーツク海高気圧からの涼しい空気が入り始め、秋の気配が漂い始めます。夏の暑い空気と秋の涼しい空気の境界付近で前線が発生しやすくなる頃で、北日本では前線や気圧の谷の影響を受けて向こう1か月の降水量が平年より多くなる見込みです。
西・東日本は9月上旬にかけて平年並みの降水量となる見込みです。ただ、お盆明け以降は太平洋高気圧が少し後退し、本州付近に湿った空気が流れ込みやすくなる見込みです。激しい雷雨になるなど雨の降り方には注意が必要です。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。