連日の猛暑 8月になれば多少は・・・

命に関わる危険な暑さ、外出は控えるように・・
例年にない強い呼びかけで熱中症対策が報道されていますが、先週(7/9~7/15)の1週間だけでも約1万人の方が熱中症による症状で救急搬送されています。子どもたちは夏休みに入り、外で思いっきり遊びたいところですが、炎天下での外遊びは控えましょう。今回はお盆休みを含む向こう1カ月の天候の傾向をお知らせします。

【天候の見通し(7/21〜8/20)】

■北日本
期間前半は真夏の空気が流れ込み、東北北部や北海道でも熱中症に注意が必要です。
東北地方は向こう1ケ月は概ね晴れて、8月に入ってからも気温の高い状態が続く可能性があります。北海道は周期的に曇りや雨の降る日がありますが、降水量はほぼ平年並みとなりそうです。

■西・東日本
猛烈な暑さは今月いっぱい続くでしょう。夜間も含めて熱中症に厳重に警戒してください。8月に入ると高気圧の勢力が弱まるとみられ、記録的な猛暑から少しは解放されそうです。向こう1か月も晴れる日が多く、日本海側を中心に降水量は少ない予想。晴天続きで降水量がかなり少ない状況が続いています。無理のない節水を心掛けましょう。

■沖縄・奄美地方
期間前半は太平洋高気圧の縁にあたり、湿った空気や台風の通り道となるため、降水量は平年より多くなる見込みです。また、沖縄周辺海域の海面水温が低く、気温も7月中は平年に比べて低めの予想です。ただ、8月は夏空が広がり、平年並みの暑さになる見込みです。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。