沖縄・奄美で梅雨入り 西・東日本も雨の季節到来!?

大型連休が終わってしまいましたね。連休中は晴れて夏のような暑さになったり、不安定な天気で雷雨や雹(ひょう)が観測されたり。暦の上では立夏、夏の始まりを迎えていますが、天候も春から夏へ移ろい始めているようです。

西~北日本の高温傾向は4月も続き、東京など20地点で4月の平均気温の観測史上1位を更新しました。向こう1ヶ月(~6/4)も全国的に高温傾向で、沖縄・奄美地方も平年より気温は高くなる見通しです。

【各地の天候の見通し】

■北日本
上空に寒気が流れ込むため、今週は北海道を中心に平年並みか平年を下回る寒さになる見込みですが、来週以降は北海道、東北地方ともに平年より気温は高めの予想です。
降水量は先月(4月)は平年より少ないところが多く、かなり少ないところもありましたが、向こう1ヶ月の降水量はほぼ平年並みになる見込みです。

■西日本・東日本
5月中旬以降は平年並みの気温に落ち着くとみられていますが、湿った空気が流れ込みやすくなり、蒸し暑さを感じる日が増えてきそうです。家の中の風通しを良くしたり、除湿剤を用意するなど湿気対策の準備もそろそろしておいた方が良さそうです。
また、低気圧や前線の影響を受けやすく、降水量は平年より多くなる見込みで、大雨による土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水などに注意が必要になります。

■沖縄・奄美
きのう(5/7)は奄美地方、きょうは沖縄で梅雨入りが発表されました。梅雨前線の影響で激しい雨になる日もありますが、向こう1ヶ月は前線や湿った空気の影響を受けにくく、降水量は平年並みか少なくなる予想です。
また、先月(4月)は平年並みの暖かさでしたが、向こう1ヶ月は平年より気温は高くなり、30℃以上の真夏日になる日が増えてきそうです。

【梅雨入り】
奄美:平年より4日早く、昨年より6日早い
沖縄:平年より1日早く、昨年より5日早い

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。