【発表!1ヶ月予報】早くも春本番の暖かさ

日本海で低気圧が急速に発達した影響で、2月28日(水)~3月1日(木)にかけて全国的に強い南風が吹き荒れて、四国・東海・近畿地方で春一番を観測しました。全国的に季節先取りの暖かさとなっていますが、春本番を迎えるこの先1か月(3月)の気温・降水量の傾向をお伝えいたします。

■平均気温

この先1か月は全国的に暖かい空気が流れ込みやすく、来週5日(月)ごろにかけては平年よりかなり高くなる見込みです。その後は東・西日本と沖縄は平年並みの気温に落ち着いてくるとみられますが、北日本は3月後半になると暖かい日が多くなりそうです。

■降水(降雪)量

冬型の気圧配置は弱く、北海道~東北の日本海側と北陸の降雪量は少ない予想です。一方、北・東日本の太平洋側と西日本は気圧の谷や湿った空気の影響を受けて降水量は多くなる見込み、北・東日本を中心に平年に比べて日照時間が少なくなりそうです。
沖縄・奄美は気圧の谷や湿った空気の影響は受けにくく、降水量は平年並みか少なくなる見込みです。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。