東北太平洋側も暴風・高波に警戒

低気圧に向かって真冬並みの寒気が流れ込み、関東甲信地方では季節外れの「春分の雪」となり山梨県富士五湖などでは30cmを超える積雪となりましたが、山地を中心に積雪や路面凍結、なだれに十分ご注意ください。

低気圧は今夜にかけて発達しながら東北地方に近づくため、東北太平洋側の海上では、昼前から夜のはじめにかけて暴風雪や高波に警戒してください。また、午後は岩手県や青森県を中心に湿った雪による大雪、着雪、なだれに注意が必要です。

低気圧通過による降雪量予想(~22日18時)
エリア 最大降雪量 ピーク
東北太平洋側の山沿い 40cm/日 15~18時
東北日本海側の山沿い 30cm/日 12~15時
甲信地方 30cm/日
関東北部山沿い 25cm/日  
東北太平洋側の平地 20cm/日 15~18時
箱根、多摩、秩父地方
静岡の山地
10cm/日

【大雪】
関東甲信の山沿い(朝まで)
東北太平洋側(今夜まで)
【暴風・高波】
四国~関東の太平洋沿岸(昼前まで)
東北太平洋側(昼前~今夜にかけて)

雪レーダー凍結マップ道路ライブカメラ

(がんちゃん)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。