北日本はあすにかけて猛吹雪に警戒

各地に春の嵐をもたらした低気圧が急発達しながら北日本に近づき、あすにかけて冬の嵐となります。
現在、北海道の太平洋側を中心に活発な雪雲がかかり、道東地方では50センチを超える大雪となっています。(※胆振や十勝地方のドカ雪は今夜遅くまで)
すでに道内外を結ぶ空の便などに大きな影響が出ています。今夜からあすにかけて、北日本中心に猛ふぶきで視界がきわめて悪くなる見込みですので、外出の際は警戒してください。

(がんちゃん)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。