北日本 暴風雪で交通に影響

低気圧が急速に発達しながら渡島半島を通過し、北日本の上空約5,000メートルに氷点下42℃以下の強い寒気が流れ込んでいます。
北日本では沿岸部を中心に30m/sを超える暴風となっているところがあり、18日昼前にかけて高波に加えて猛ふぶきとなるおそれがあります。
すでに列車の運休や通行止めなどが発生し交通機関に大きな影響が出ていますので、最新の情報にご注意ください。

18日にかけての留意事項
エリア
警戒事項 ピーク
北海道
東北
暴風雪、猛ふぶき、高波
大雪
~18日昼
北陸
関東甲信
山沿いの大雪、沿岸部の風雪
~18日夜

◆お天気ポイント
北日本はあす昼まで暴風雪に警戒
北陸・関東甲信は60cmの大雪に警戒
交通機関の影響にもご注意

↑ 仙台市内も積雪 凍結注意

雪レーダー凍結マップ道路ライブカメラ

(がんちゃん)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。